11月から3月、何月の松葉カニが一番おいしいですか?

おはようございます!民宿美味し宿かどやのGakuです。

今松葉ガニシーズンは3連休が少ないんですね。そのため、この3連休にお客様がかな~り集中している感もあります^^;昨日、香住ではかに場まつりがあったのも人出の多かった理由でしょうか。カニシーズンはまだまだ始まったばかりです!!

さて、11月から3月のカニシーズン。お電話でお問い合わせのお客様に時々聞かれるお問い合わせに「何月頃のカニが一番美味しいですか?」というのがあります。何月頃だと思います?この答え、ググってみましたがありませんでした。(笑)私なりに回答してみたいと思います。

お客様に最も人気のあるのは12月

11月から3月。最も売上が高いのは12月です。これは過去20年変わりません。

かに鍋急激に寒くなり、鍋が恋しい季節♪

寒さとの因果関係。これはとても大きいと思います。カニといえば鍋。かにすき、かにちり、かにしゃぶ。寒さが一層深まる12月はそんな気持ちが最も高まる頃。忘年会旅行やクリスマスや年末の冬休み旅行が重なるのも12月に最も客様が多くなる理由かと思います。

では、カニが一番おいしい季節か?12月はカニが一番美味しく感じる季節だと私は思います。カニの質の問題ではなく、大切な人、仲間、家族で集まる時期でもあり、鍋をつつきたくなる時期でもある。そんな状況が一番人気の月にさせているのでは、と思います。

カニの生息域は常に一定温度

まず、カニのいる深度は深海域です。(松葉ガニは水深400~600m)水温は1年を通して常に一定に保たれています。
※(参考)日本海の約300m以深に存在する、水温0~1℃、塩分34.1程度のほぼ均質な水は「日本海固有水」~気象庁

なので、陸上のように暑い時期、寒い時期、というのはありません。カニにとっては11月と3月で身入りや味に大きな差はないのではないか、というのが私の思うところです。但し、水深が浅くなるにつれて高くなる水温がもっとも低いのは3月です。(水温の低下は陸上気温の2ヶ月遅れ)そのため、11月から3月にかけてだと、後になるほど温度変化の影響を受けていないため、カニが元気、という気が私はしています。

生け簀の中のカニ生け簀で元気な松葉ガニ♪

オススメのカニは11月と3月?

私の場合、仲買人さんからこちらの提示させていただいた上限までのカニを競り落としてきてもらいます。すると、カニ相場の安い時ほど良いカニをみることになります。では、カニ相場の安い時期とは?ズバリ、11月と3月です。海が時化ることが少なく、漁が安定していること。陸上気温が暖かい時期なので、カニのニーズが12-2月のピーク時ほど要望がないこと。これが11月と3月にカニ相場を安くしている理由かと思います。(一般的なはなしで、シーズンにより例外もあります)

カニの質が良くなるのではなく、より良い質のカニがリーズナブルに買えるのが11月と3月。つまり、始まった頃と終わりの頃、というわけですね。このことをトータルして考えると私は3月のカニが物理的には一番おいしいカニがゲットできるのではないかと思っています。

柴山かにお買い得のカニを探そう!

結論(但し、超私見w)

物理的に見ると水底と水上温度の差が最も低く、海も穏やかになってくる3月。決算月も相まってか、お客様が減り出してくる時期でもありますので、良いカニをゲットしやすい、イコールカニが一番おいしい時期とも言えます。

但し、カニ以外でもそうですが、いわゆるカニのようなハレの日のご馳走は「どこで誰と食べるか」が一番重要ですよね。例えば、深々と雪の降る日。温泉に入って体を温めてから大切な家族と一緒にカニ鍋を食べる。この食べ方が一番おいしい。この状況を作れるのは12月下旬から2月下旬ぐらいです。そう考えると、「カニが一番おいしいのは何月?」と考えること自体がナンセンス。大切な人と一緒に行ける日が作れた時が一番おいしいということで、いいんじゃないかと私は思います。(*^_^*)
今年の冬もカニ鍋でほっこりしましょうね。

*******************************************************

TODAY’S PHOTO『かどやの陶器露天風呂』
男子露天風呂
カニ鍋はお風呂でほっこり温まってから・・・

*******************************************************

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接電話できます。

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします