「 オススメの観光スポット 」一覧

3月26日現在、魚見台の桜(ソメイヨシノ)は蕾状態です!

3月26日現在、魚見台の桜(ソメイヨシノ)は蕾状態です!

魚見台のすぐ横の桜(ソメイヨシノ)の昨日(3月26日)の時点での状況は蕾でした。今年は暖冬だったので早く咲くかなぁと思っていたのですが、月末ならば、例年通りですね(笑)。

記事を読む

豊岡カバンストリートにできた「顔を出さない看板」に早速行ってきた!!

豊岡カバンストリートにできた「顔を出さない看板」に早速行ってきた!!

カバンストリート内にある駐車場に話題の顔出さない看板が。顔を出さない看板で撮影して、ぜひSNSでUPして下さいね!

記事を読む

佐津海岸「魚見台」の桜の見頃は例年より早く3月20日〜25日頃!?

佐津海岸「魚見台」の桜の見頃は例年より早く3月20日〜25日頃!?

今年は暖冬。例年ならば3月末に見頃を迎えるソメイヨシノですが、今年は3月20日〜25日頃に開花、見頃を迎えるのではないかと予想しています。マラソン大会の時のヤエザクラもちょっとピークを過ぎているかも。今年は早めになりそうなのは間違いなさそうです。そうなると3月末、松葉ガニシーズン内に桜が愉しめるということにもなります。

記事を読む

佐津海岸「魚見台」の掃除をしてきたら「ひょうごの景観150選」の看板を確認!!

佐津海岸「魚見台」の掃除をしてきたら「ひょうごの景観150選」の看板を確認!!

ひょうごの景観ビューポイント150選。一昨年、県政150周年として選定されていたんですね!!香住海岸からは西から「余部空の駅」「JR鎧駅」「岡見公園」「魚見台(訓谷浜)」の4箇所が選ばれています。

記事を読む

追悼★北近畿にカニ旅行の際はぜひ京丹後市にある「野村克也ベースボールギャラリー」へ!

追悼★北近畿にカニ旅行の際はぜひ京丹後市にある「野村克也ベースボールギャラリー」へ!

アミティ丹後にある野村克也ベースボールギャラリー。丹後半島や天橋立はもちろんのこと、城崎温泉、香住にお越しいただいた際に立ち寄れる場所にあります。(帰りはそのまま京都縦貫道に向かうのがオススメです)プロ野球ファンの方。北近畿へカニ旅行へお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

記事を読む

【ゆる募】11月10日(日)の9時から12時まで、ジオパークと海の文化館で館内ガイドが実施されます!

【ゆる募】11月10日(日)の9時から12時まで、ジオパークと海の文化館で館内ガイドが実施されます!

一周見て回るだけの展示物も、ガイドの話を聞くとまた違った視点、気づきがあります。ご興味のある方、館内ガイドのつく10日の日曜日午前中、ぜひジオパークと海の文化館に行ってみてくださいね!!

記事を読む

小天橋海水浴場へ行った時、柴山湾と久美浜湾の共通点と違いについて考えてみた。

小天橋海水浴場へ行った時、柴山湾と久美浜湾の共通点と違いについて考えてみた。

先日、豊岡市内から20分ほどで行ける京丹後市久美浜、小天橋海水浴場に行ってきました。実は私が子供の頃、生まれて初めて泳いだ遠浅の海。近深の佐津海水浴場しかしらなかった幼少期の私にとってはショッキングな場所でした。海水浴ではありませんが、ドライブがてら、その時以来45年以上ぶりに訪れました。

記事を読む

香住海岸の絶景を贅沢に楽しもう!!香住海上GEO TAXIが面白いと思った3つのポイント

香住海岸の絶景を贅沢に楽しもう!!香住海上GEO TAXIが面白いと思った3つのポイント

これまで、香住海岸を海から確認するには遊覧船しかありませんでした。全盛時はかもめ丸とかすみ丸、2軒の遊覧船事業者がありました。が、今は遊覧船もなくなり、新たに誕生したのが今回の海上タクシー「香住海上GEO TAXI」です。

記事を読む

「子供に透明度抜群の美しい海を見せてやりたかった」夏休みの家族旅行に佐津海水浴場を選んだ理由

「子供に透明度抜群の美しい海を見せてやりたかった」夏休みの家族旅行に佐津海水浴場を選んだ理由

地球の北半球では、秋冬は北風、春夏は南風が吹きます。北に面した海は、春夏透明度がよく、秋冬透明度が悪くなります。逆に南に面した海は、秋冬透明度がよく、春夏透明度が悪くなります。北に面した海=日本海、南に面した海=太平洋・瀬戸内海の本州側となりますよね。日本海側、佐津海水浴場は「お父さんが子供に見せてやりたい海」です。

記事を読む

円山川公苑美術館に「令和日本流儀」を観にいってきました!

円山川公苑美術館に「令和日本流儀」を観にいってきました!

円山川公苑美術館に「令和日本流儀」を観にいってきました!写真撮影不可のため、作品を紹介できないのが残念ですが、今回私がとても感動したのが山田毅画伯の日本画です。お二人とも但馬出身の風景を題材にした作品が多いのですが、今回山田画伯は我々の生まれ育った円山川の作品を多数今回書き下ろしで展示されていました。

記事を読む