「 活イカ 」一覧

「活イカは塩で食べるのがオススメ!」であることが神戸新聞さんで紹介されました!!

「活イカは塩で食べるのがオススメ!」であることが神戸新聞さんで紹介されました!!

私たちが通常活イカと呼んでいるイカは香住近辺では白いかと呼ばれています。更にこの白いか、正式名称で言えばケンサキイカになります。今回の神戸新聞の記事の中で私のコメントを少しだけ掲載していただきました。

記事を読む

活イカプランのお客様は、18時までにチェックインしていただけるとありがたいです!!

活イカプランのお客様は、18時までにチェックインしていただけるとありがたいです!!

当館では午後5時以降夕食が可能となります。活イカは午後5時に合わせて配達してもらっています。極力午後6時までにチェックインをしていただく、活イカプランは午後6時までにお食事をスタートでお願いします。

記事を読む

活イカはお醤油ではなくお塩で食べるべし!!

活イカはお醤油ではなくお塩で食べるべし!!

活イカのお刺身に対し、生姜、塩、レモンの3つを用意しています。獲れたてでもイカの甘み、旨みを抜群に感じる食べ方。1番のオススメは、”塩”(それも天然塩)で食べることです。

記事を読む

以前「これは舟盛りじゃない!」というクレームがあった話!!!?

以前「これは舟盛りじゃない!」というクレームがあった話!!!?

お刺身の盛り合わせについて。舟型の器に乗っていなければ舟盛ではない!そんなクレームを随分前にいただいたことがあります。当館では「頭・中骨・尾を船に見立てて盛りつけた料理を”舟盛”」と定義しています。

記事を読む

大雨が降ると活イカが心配な件。でも今回の長雨が抜けると梅雨明けも!?

大雨が降ると活イカが心配な件。でも今回の長雨が抜けると梅雨明けも!?

昨日今日と日本海側、山陰地方では線状降水帯ができるほどの大雨が降っています&予報が出ています。大雨の被害が出ている地域もあるようです。幸い、兵庫県北部地方は雨による被害が出るほどではありません。が、まとまった雨が降ると困るのが活イカの水揚げです。活イカ漁は雨に弱いのです。

記事を読む

活イカ&活おこぜプランがお勧め!2名様で一人が活イカプラン、一人が活おこぜプランという申込みはできません

活イカ&活おこぜプランがお勧め!2名様で一人が活イカプラン、一人が活おこぜプランという申込みはできません

「一人は活イカプラン、もう一人が活おこぜプランで申し込みたい」通常活イカプランも活おこぜプランも2名様で1ぱいとなります。単独でお申し込みで1名様で1ぱいとした場合、1名様での割増料金となります。割増料金分がそれぞれにかかりますので、活イカ&活おこぜプランをお申し込みいただくよりも割高料金となります。

記事を読む

岸辺の見た目はべた凪!?でも沖は大荒れ!?海況判断って難しいです(夏の活イカプラン終了のお知らせ)

岸辺の見た目はべた凪!?でも沖は大荒れ!?海況判断って難しいです(夏の活イカプラン終了のお知らせ)

当館は9月の活イカプラン最終のお客様が9月3日まででしたので、4、5日に活イカ漁ができなかったことにより、お客様にご迷惑をおかけすることはありませんでした。でも、こんなにべた凪、良いお天気なのになぜ活イカ漁が出なかったのか。潮の流れが速すぎて活イカ漁ができなかったとのことでした。

記事を読む

活イカ、活オコゼ、香住名物の夏プランがいよいよ食べおさめ!!

活イカ、活オコゼ、香住名物の夏プランがいよいよ食べおさめ!!

8月下旬。活イカと活オコゼのシーズンも間も無く終了です。活オコゼプランと活イカ&活オコゼプランは8月25日まで。活イカプランは9月4日まで。ただし、活オコゼがまだ揚がるようでしたら若干日にちを延長する可能性があります。逆に、活イカが揚がらなくなりましたら、予定よりも早く終了させていただく可能性があります。

記事を読む

お盆休みの週末に向けて「活イカを昼食、ランチで食べたい」という方へ

お盆休みの週末に向けて「活イカを昼食、ランチで食べたい」という方へ

昼食、ランチについては、香住の場合「活イカ」を食べられるか否かの問い合わせが多いです。当館では夏の日帰り昼食、ランチは行なっていません。また、例年お盆の3日間は活イカ漁に出られる漁師さんの船が少なくなりますので、どこのお店、お宿さんであっても、日帰り分の活イカは予約しない限り食べられないと思った方が良いです。

記事を読む

活イカ、4名様の場合は大1ぱいの場合と中2はいの場合があります

活イカ、4名様の場合は大1ぱいの場合と中2はいの場合があります

活イカですが、ザックリ大きさが3段階であります。中小・中・大です。当館では中小1ぱい2名様、中1ぱい3名様、大1ぱい4名様、目安としています。ただ、これからシーズンに入ってくると活イカ需要が高まり、大サイズがどうしても品薄になります。そこで当館では4名様の場合、中小2はいで対応させていただく場合もございます。

記事を読む