「 松葉ガニ 」一覧

活けのかに刺しは「どの程度華を咲かせたらよいか」問題について考える

活けのかに刺しは「どの程度華を咲かせたらよいか」問題について考える

松葉ガニの活かに刺し。華をしっかり咲かせた方が食感は良いかもしれませんが、カニ自体の味は水くさくなってしまう。当館がお出ししているぐらいだと、食感は想像ほどもぷりぷりしていないかもしれませんが、味は良いです。

記事を読む

今のところ2月も順調に松葉ガニ、ご提供できています♪

今のところ2月も順調に松葉ガニ、ご提供できています♪

12月末の時点で松葉ガニの8割が水揚げされているということで、カニの確保が厳しくなる。場合によっては2月末、最悪1月末で漁期が終了してしまうのではないか、なんてことがひそかに言われだしました。最悪、そんな風にも考えていました。幸い、水揚げ制限はするものの、3月20日の最終漁まで続けることが1月中旬の会議で確定しました。まずはホッとしました。

記事を読む

但馬の2018年漁獲高からどういったことが読み取れるか?カニの価格は今後どうなる?

但馬の2018年漁獲高からどういったことが読み取れるか?カニの価格は今後どうなる?

松葉ガニもベニズワイガニも水揚げ量は減っていますが漁獲金額は増加という傾向は変わらないように思います。価格動向は今後もしっかりチェックして行きたいと思いますし、以前もお話ししましたが、県水産事務所の今後の見込みも一度お聞きしたいなぁと思いました。

記事を読む

松葉ガニ日帰りプラン休止について「他の宿も全て休止されてますか?」というお問い合わせを多く頂いております

松葉ガニ日帰りプラン休止について「他の宿も全て休止されてますか?」というお問い合わせを多く頂いております

今シーズンは松葉ガニ日帰り昼食を終了した旨をお伝えした際、よく聞かれるのがそれはそちらの地域全体でのお話ですか?どこのお宿さん、お店も終了されているのですか?という問い合わせをいただきます。結論から言うと日帰りを中止している宿・店舗さんは少ないです。3月末まで実施されている宿・店舗さんはあります。

記事を読む

3年後に松葉ガニの水揚げ量が半分に?!そのために今からできることってなんだろうか?

3年後に松葉ガニの水揚げ量が半分に?!そのために今からできることってなんだろうか?

3年後、日本海全体においてズワイガニ半減の予測はかなり正しい数字である。但し、その根拠とかを今一度しっかり説明を受けたいな、と私は思っています。県の研究所と漁業関係者だけで把握していて良い問題なのか。

記事を読む

漁獲制限下における3月末までの松葉ガニプラン、通常通りお出しできる予定です

漁獲制限下における3月末までの松葉ガニプラン、通常通りお出しできる予定です

3月末まで松葉ガニプランの提供はいたしますのでご安心下さい。但し、日帰り昼食プランは今シーズンの受付は終了ということでご了承下さい。年が明けて10日以上経ちますが、まだ年末相場のままカニの価格が落ちません。ひょっとしたらカニの価格は年末相場の高値のままで3月まで行くかもしれない。現時点ではそんな覚悟もしています。

記事を読む

1月の松葉ガニと11月の松葉ガニ。どちらが美味しいですか?

1月の松葉ガニと11月の松葉ガニ。どちらが美味しいですか?

水温が年中一定で0~1度のところに棲む松葉ガニですから、フレッシュなチルド冷蔵庫に入っているような感じですね(笑)。従って、11月でも1月でも3月でもカニの味は変わらないと言って良いです。

記事を読む

今シーズンの松葉ガニ日帰り昼食は終了、3月も休止させていただきます

今シーズンの松葉ガニ日帰り昼食は終了、3月も休止させていただきます

鳥取が90%、兵庫が80%以上既に水揚げを終えている。残り3ヶ月もあるのに大丈夫か?流石に今回、私も3月は不安です。なので、3月には再開する予定だった日帰り昼食は休止することにしました。申し訳ありませんが、今シーズンは日帰り昼食は行わないことにします。

記事を読む

今年もありがとうございました!来年は3月末まで松葉ガニプランの予定ですが・・・

今年もありがとうございました!来年は3月末まで松葉ガニプランの予定ですが・・・

今年も1年、ありがとうございました。来年、状況によっては1-3月が変則的になるかもしれませんが、引き続きよろしくお願いします。何か特別な対応をしなければならない時、まずは当ブログにてお知らせいたします。カニがあってもなくても、かどやはかどやらしい宿として皆様をお迎えします。来年もよろしくお願いします。

記事を読む

「今年はカニが大きめ?」年によって多少の大きさの違いは出てきます!

「今年はカニが大きめ?」年によって多少の大きさの違いは出てきます!

前半大きかった甲羅も後半小さくなるかも。まさにミズモノなのが自然を相手にした食材ならではです。一喜一憂してしまいますが、その年々の傾向としてそれも楽しんでいただければなぁーと思います。「例年に比べて小さい!」というクレームは受けられません。

記事を読む