「 松葉ガニ 」一覧

3月の松葉ガニは味が落ちるって本当ですか?

3月の松葉ガニは味が落ちるって本当ですか?

先日もまた電話で聞かれました。「3月に入ると松葉ガニの味が落ちるって聞いたのですが本当ですか?」というお問い合わせ。ちょっと前までは3月にまだ松葉ガニ漁がされている、ということが認知されていませんでしたので、それに比べたら一般進んだ認識なのかもしれません。

記事を読む

「えっ?ここ食べられるんですか?」セコガニの内子を残されるお客様が多いので聞いてみました

「えっ?ここ食べられるんですか?」セコガニの内子を残されるお客様が多いので聞いてみました

セコガニの内子と呼ばれる赤い部分。食べ残されて帰ってくることが多いです。先日、おそるおそる?!お客様に聞いてみました。「あの・・・この赤い部分どうして食べないんですか?一番おいしいところなのに」するとお客様から想定外な答えが。「えっ?!ここ、食べられるんですか?」とお客様。

記事を読む

カニの腹の部分を「カブ」という理由~かぶりつくから「カブ」説

カニの腹の部分を「カブ」という理由~かぶりつくから「カブ」説

カニのお腹の部分をなぜ「カブ」というのか。インスタグラムにて面白いコメントをいただきました!!「かぶりつくから??」カブりつくからカブ。この発想、なかったです!!いや、本当にこれのような気がしてきました。ちなみに越前ガニの地域の方も”カブ”と呼ぶそうです。香住だけの呼称ではなく、日本海側全般に使われている言葉のようです。

記事を読む

美味しいカニ鍋を食べる極意~カニの旨味をたっぷり出して野菜や雑炊も愉しもう♪

美味しいカニ鍋を食べる極意~カニの旨味をたっぷり出して野菜や雑炊も愉しもう♪

カニ鍋をする際(といいますか、鍋料理全般にそうなのでしょうが)、メイン食材である生カニを最初に鍋に入れて下さい!!カニのエキスを十分に吸い取ったお野菜だから美味しいのです。お勧めは生カニのお腹の部分を最初に入れること。美味しい野菜、雑炊を食べたい方!お出汁にどれだけカニの旨味を残すかが大切です。

記事を読む

今日から多くの方へかにすきセットがお手元に届いていると思います♪

今日から多くの方へかにすきセットがお手元に届いていると思います♪

当館のご宿泊や日帰り昼食を検討されている、あるいは毎年いらしているのに今年はいけない。そんなお客様向けにご要望もあってはじめたのがかにすきセット通販です。なので、当館のファンの方にだけ買っていただきたい。あまりにも注文が殺到しすぎて宿の方がおろそかになったら本末転倒。そんな風に思っています。

記事を読む

NO IMAGE

かどやのカニ通販は年末年始も発送しますがご注文は12月29日までにお願いします!

年末年始配達させて頂くので人気のかどやのかにすきセット。今年は配達は今まで通りですが、12月31日~1月2日の配達分の注文は12月29日までとなります。ご検討中の方はお早目のご注文をお願いします。茹でガニや活ガニの宅配も原則として行っていますが、12-1月、特に年末年始は価格高騰時期であるため、宅配はお断りしております。

記事を読む

指の落ちたカニで安いプランを、はもはや過去の話?

指の落ちたカニで安いプランを、はもはや過去の話?

12月のカニと、11月のカニの価格は極端な話、市場流通価格だと倍ぐらい異なります。12月だと指落ちのカニでも高いのです。指落ちはお得、というフレーズが独り歩きして、結局そこに買い手が殺到しているからか、カニの絶対流通量が減っているからか、昔ほどお得感がなくなってきているのが正直なところです。

記事を読む

とりあえず電話でお部屋のみ予約。カニプランはいつまでに言えばよいですか?

とりあえず電話でお部屋のみ予約。カニプランはいつまでに言えばよいですか?

正直、蟹プラン決定は前日でも大丈夫です。但し、半年以上前にご予約いただいた方は確認のため、もう少し早めにご連絡ください。基本、1週間前ぐらいに仲買人さんに今後1週間の仕入れ予定を伝えます。そのため、本当は1週間前ぐらいにプランが確定しているとありがたいです。

記事を読む

近年、セコガニが人気急上昇な3つの理由

近年、セコガニが人気急上昇な3つの理由

地元での人気、低価格、セコ盛の登場。3つの理由から、近年のセコガニブームが起こったと私は感じています。とはいえ、卵を持つメスガニです。獲りすぎは資源の枯渇に繋がります。漁期を2か月に限定しているのもそのため。貴重な漁期にしっかり味わいましょう♪

記事を読む

かにみそ嫌いがかにみそ好きになったのは松葉ガニの甲羅みそを食べてから

かにみそ嫌いがかにみそ好きになったのは松葉ガニの甲羅みそを食べてから

カニみそを「美味しい!」と心の底から感じるポイント。以前に美味しくない瓶や缶詰のカニみそを食べているということです。見た目、食わず嫌いの方もいらっしゃるでしょう。とにかく、松葉ガニからさばいただけのカニみそを食べてみて下さい。特に地ガ二で。

記事を読む