「 宿の選び方 」一覧

「JCBはご利用いただけません」とするかどうか迷っている件

「JCBはご利用いただけません」とするかどうか迷っている件

別にJCBさんを敵視しているのではないのですが・・・同じカード決済でも会社によって手数料が異なる、JCBは事業者負担が高いということからの判断です。さすがに1%以上違うと検討しなければなりません。ご理解&ご協力いただけましたら幸いです。

記事を読む

インターネットからの宿泊予約って実は多くの問題を抱えています

インターネットからの宿泊予約って実は多くの問題を抱えています

宿側からすると繁忙日のインターネット販売は気軽にはできないのです。宿が人気になればなるほど「転売ヤー」に購入されるリスクや仮押さえされてしまうリスクが増えてしまう。なので、お電話やメールで空室状況をお問い合わせいただくのが確実になってきています。

記事を読む

今、宿泊施設は「直接予約が一番安心」そんな感じになっています

今、宿泊施設は「直接予約が一番安心」そんな感じになっています

我々宿泊施設は自社サイト以外で販売するのが怖くなってきています。インターネットで予約する時は自社サイトで。あるいはお電話で予約して頂くのが一番確実です。お客様にお願いです。現在、当館がインターネットで販売しているのは自社サイト及び楽天トラベルのみです。

記事を読む

松葉ガニシーズン(11月~3月)の週末予約をとるコツ

松葉ガニシーズン(11月~3月)の週末予約をとるコツ

早くからご予約いただいているお客様の場合、キャンセルはなくても人数変更というのはよくあります。幹事さんの大変さがうかがえます。3部屋確保していたのが2部屋で良くなった。2部屋が1部屋で良くなった、というケースです。当館ではそんな場合でも気持ちよく変更をお受けしています。その際、にキャンセル待ちをされていたお客様にご連絡させていただけます。

記事を読む

平成30年7月豪雨観光支援事業”観光で西日本を元気に!!”「13府県ふっこう周遊割」を当館でもぜひご活用下さい!!

平成30年7月豪雨観光支援事業”観光で西日本を元気に!!”「13府県ふっこう周遊割」を当館でもぜひご活用下さい!!

平成30年7月豪雨観光支援事業”観光で西日本を元気に!!”「13府県ふっこう周遊割」を当館でもぜひご活用下さい!!簡単に言えば、13府県内を2泊以上周遊で旅行すれば、1泊に付一人4000円キャッシュバックがあります、ということです。

記事を読む

オンラインカード決済(事前カード決済)を利用する際ご注意いただきたいこと

オンラインカード決済(事前カード決済)を利用する際ご注意いただきたいこと

宿泊施設のオンラインカード決済に関する情報です。楽天トラベルでは、予約の際は現地決済にしていても、その後<宿泊日2日前(18時)>までならばオンラインカード決済に変更することが可能です。また、弊社直予約カード決済は2ヶ月前からしか利用できません!ご注意下さい。

記事を読む

インターネット予約のキャンセルの仕方(ネット予約の場合のキャンセルは電話ではなくネットでしましょう)

インターネット予約のキャンセルの仕方(ネット予約の場合のキャンセルは電話ではなくネットでしましょう)

通常のキャンセルの場合、ネットで予約した場合は、原則として極力電話ではなくインターネット予約はインターネットからのキャンセルをお願いします。電話での予約、キャンセルとネットでの予約キャンセルの複合管理は、宿において少なからず負担となっており、オーバーブッキングやノーショウの遠因にもなっています。

記事を読む

地震が起こった日に宿泊予約をしていた場合の対処方法について

地震が起こった日に宿泊予約をしていた場合の対処方法について

まずは身の安全の確保を。 地震等災害があった場合。無理せず冷静に判断の上、旅行計画のある場合は宿泊施設に変更の旨をお知らせください。災害時は当日でもキャンセル料無料でのキャンセルが可能になります。ただし、必ずご連絡をくださいね。よろしくお願いします。

記事を読む

今年もカニ殼を撒いた佐津の田んぼにコウノトリがやってきました!!

今年もカニ殼を撒いた佐津の田んぼにコウノトリがやってきました!!

今年もカニ殼を撒いた佐津の田んぼにコウノトリがやってきました!この辺の田んぼは当館でもお出ししているカニ殼を撒いた減農薬農法でお米を作っている場所です。野生復帰のシンボル、コウノトリが餌を求めてやってきてくれるというのが、土壌の安心安全性を示してくれています。

記事を読む

いよいよ明日5月31日より当館のトイレ付客室は全室禁煙となります

いよいよ明日5月31日より当館のトイレ付客室は全室禁煙となります

副流煙、受動喫煙の問題。吸っている人の健康の問題ではなく、タバコの煙を吸わされた人の健康被害の方が強く問題視される時代になりました。つまり、宿としてこの問題を放置することは、お客様の健康を考えていない事業者と言われてしまう時代になってきているのです。

記事を読む