「 グルメ食材 」一覧

ご注意下さい!香住ガニプランは9月よりも10月から先に満室になります!

NEW ご注意下さい!香住ガニプランは9月よりも10月から先に満室になります!

9月に解禁される香住ガニ(紅ズワイガニ)ですが、多くの宿でカニフルコース、カニ鍋付のプランであるためでしょうか。「涼しくなってから」「秋が深まってから」のイメージもあるのか、10月の週末が満室になり、その後9月の週末が満室になるという、本来直近の週末からの原則とは異なる予約のいただき方をしています。

記事を読む

9月の香住ガニ解禁に際し、どうしてもお伝えしておきたいことを1枚のページにまとめました

9月の香住ガニ解禁に際し、どうしてもお伝えしておきたいことを1枚のページにまとめました

香住ガニに関する内容だけで作ったオリジナルサイトです。もっともっと香住ガニの美味しさを知ってもらいたい。11−3月以外、4、5月や9、10月もカニを堪能できるのが香住であることを多くの方に知ってもらいたいという思いで作りました。

記事を読む

台風10号通過後の佐津海水浴場はべた凪!活イカ漁も大丈夫そうです!!

台風10号通過後の佐津海水浴場はべた凪!活イカ漁も大丈夫そうです!!

台風10号通過後の佐津海水浴場はべた凪!活イカ漁も大丈夫そうです!!

記事を読む

海産物を買うのに香住でオススメのお土産屋さんを教えて下さい

海産物を買うのに香住でオススメのお土産屋さんを教えて下さい

香住にはたくさんの海産物を購入できるおみやげ屋さんがあります。「どこで買えばいいの?」「オススメのおみやげ屋さんは?」とよくご質問いただきます。今後はグーグルマップのQRコード付の案内チラシをお渡しできますので、フロントまで気軽にご相談下さいね。

記事を読む

香住で揚がる真いか(スルメイカ)と白いか(ケンサキイカ)をお刺身で食べ比べてみた!

香住で揚がる真いか(スルメイカ)と白いか(ケンサキイカ)をお刺身で食べ比べてみた!

香住で揚がる真いか(スルメイカ)と白いか(ケンサキイカ)をお刺身で食べ比べ。実際に見ると白イカの方が白が透き通っていて、真イカの方が色が少し濁っています。味も食感も明確に異なります。白イカの方が真イカよりも上品な味がします。真イカの方が野趣あふれる味がするといいましょうか、どちらの方が美味しいかというと好みの問題です。

記事を読む

「ここって海水浴場が近いんですね」と言われた「民宿かどや」にご宿泊いただいたお客様の話

「ここって海水浴場が近いんですね」と言われた「民宿かどや」にご宿泊いただいたお客様の話

「ここって、海水浴場が近いんですね」という言葉。近年、海水浴ではなく、活イカや活オコゼ料理が目的のお客様が増えたため、夏の場合でも、当館のある佐津集落に美しい海水浴場があることを、知らずにお越しになられるお客様も増えてきているのです。

記事を読む

梅雨シーズンと活イカのデリケートな関係

梅雨シーズンと活イカのデリケートな関係

雨が降ると海の表層が真水になります。そうなるとイカは深度を下げ、釣りにくくなります。それ以上に問題なのは、釣り上げた時真水の層を通りますので、活イカが一気に弱ってしまうのです。そのため、活イカ漁は雨が降らない合間をぬって行われます。日没後すぐに出航、雨が降ってきたら中止、みたいな感じです。

記事を読む

「神戸ビーフは但馬牛よりも美味しい!」というわけではありません!

「神戸ビーフは但馬牛よりも美味しい!」というわけではありません!

「脂」と「肉」自体、どちらの旨味に基準を置くかによって、「美味しい」の基準は十人十色です。正直、霜降りのステーキを食べた時の美味しさは神戸ビーフと松坂ビーフ、他にも近江牛や米沢牛など色々ありますが、私自身味の違いはわかりません。どれも美味しいです。でも、お肉の味は違いがあります。

記事を読む

G20晩餐会のメインディッシュはなぜ「神戸ビーフ」ではなく「但馬牛」だったのか?

G20晩餐会のメインディッシュはなぜ「神戸ビーフ」ではなく「但馬牛」だったのか?

G20晩餐会のメインディッシュはなぜ「神戸ビーフ」ではなく「但馬牛」だったのか?見事な霜降りのついたロースの部分をステーキで食べるのではなく、お肉の旨みを閉じ込めた(多分モモ肉の)包み焼き。モモ肉を使う場合は、神戸ビーフよりも但馬牛の中から選ぶ方が選択肢が多い。結果として選ばれたのが神戸ビーフではなく但馬牛だった。

記事を読む

セコガニ(メスのズワイガニ)は禁漁にすべきなのか?

セコガニ(メスのズワイガニ)は禁漁にすべきなのか?

セコガニが禁漁になってどんなに増え、卵から産まれるプランクトンが大量に発生しても、その外敵となる環境が多ければ意味がないということ。つまり、現時点ではセコガニを禁漁にしても漁継続にしても、乱獲しなければ大きな影響はないです。今の11、12月の2ヶ月間に漁期を限定するのであれば、完全禁漁にする必要はありません。

記事を読む