「 思うこと 」一覧

但馬海岸を列車で旅するのは、電車ではなく気動車であることに価値がある!

NEW 但馬海岸を列車で旅するのは、電車ではなく気動車であることに価値がある!

自分が地元で当たり前のように乗っている列車は電車ではなく気動車である。こんな気づきをふとNHKの朝の番組から気づくことができました。大阪駅を出て、城崎温泉で途中下車。最後は浜坂駅まで、という乗車レポートだったのですが、途中でトワイライトエクスプレス瑞風とすれ違う場所としてJR佐津駅が登場します!!

記事を読む

お電話にてご予約いただいたお客様には直前に最終確認電話をこちらからさせていただく場合があります!

お電話にてご予約いただいたお客様には直前に最終確認電話をこちらからさせていただく場合があります!

お電話で予約をいただいた場合も実は明確なルール決めをさせていただいております。まず、過去に宿泊帳を書いていただいたことのあるリピーターさんはお電話での予約を承っております。新規のお客様の電話予約は、番号非通知の場合はお受けできませんのでご注意下さい。また、直前に最終の確認電話をこちらからさせていただく場合もございます。

記事を読む

上手な宿の選び方のヒントになるお話「かどやって民宿なんだよなぁー」って自己肯定感低めにお話しします

上手な宿の選び方のヒントになるお話「かどやって民宿なんだよなぁー」って自己肯定感低めにお話しします

宿選びをする場合、当館に限らずお客様は「項目別の評価」やGoogleに掲載されている「クチコミの概要」などをご覧いただき、ご自身の期待値にあった宿選びをされることをお勧めします。接客面でも設備面でも完璧なものを期待したいのであれば、やはり高級旅館がオススメになると思います。

記事を読む

10室以下の旅館と100室以上の大型旅館の違い、高級旅館と民宿の違いについて思うこと

10室以下の旅館と100室以上の大型旅館の違い、高級旅館と民宿の違いについて思うこと

100室ある設備の充実した大型旅館と10室までの隠れ家的な小規模旅館。10室以下の小さな宿でも高級旅館もあれば当館のような民宿もあります。ミスマッチはお互いが不幸になります。当館は比較的口コミで高評価を頂いていますが、あくまで民宿としての評価であって、高級旅館のような設備やアメニティが整っているわけではございません。

記事を読む

祝・天皇杯優勝☆実はかどや、2009年にヴィッセル神戸のオフィシャルパートナーでした

祝・天皇杯優勝☆実はかどや、2009年にヴィッセル神戸のオフィシャルパートナーでした

民宿かどやがヴィッセル神戸とパートナー契約を結んだのは2009年。スポンサーは楽天だけど、金銭的にまだまだ厳しかった頃で、私のところのような小さな宿でも気軽に年間10万円ほどだったかな?で、パートナーになれたのです。

記事を読む

冬休みに入りました!普段の週末同様お子様連れのお客様が多くなります!

冬休みに入りました!普段の週末同様お子様連れのお客様が多くなります!

最近ではお子様不可の宿、カップル専門の宿、といったところも増えていますが、当館では、平日がカップルさん中心、週末及び春・夏・冬休み期間中はお子様連れが多い宿であるという認識をお持ちいただけたらと思います。週末及び年末年始に静かな宿をご希望のお客様、ご期待に添えられない場合もあります旨、ご了承下さい。

記事を読む

現在、民宿かどやのWeb予約は3つのルートがあります

現在、民宿かどやのWeb予約は3つのルートがあります

久しぶりに「民宿かどや」でエゴサーチしてみたところ、Google情報の「空き室状況の確認」に3つの予約導線が綺麗に並んでいたので、思わずキャプション撮っちゃいました(笑)。この3つのルートが今現在Webから民宿かどやにご予約いただく際に可能なルートとなります。現時点でこれ以上でも以下でもありません。

記事を読む

メール対応について☆お客様のお名前の入っていない問い合わせにはお返事しない場合があります

メール対応について☆お客様のお名前の入っていない問い合わせにはお返事しない場合があります

私はフィッシング詐欺メールか、スパムメールであると判断したメールは、無視することにしています。なお、急ぎでない場合、一般的なお問い合わせ、質問であれば、GoogleのQ&A機能をご利用いただくという方法もあります。

記事を読む

今更ですが、新しい個人名刺を作りました!ぜひフロントでお声がけ下さい!!

今更ですが、新しい個人名刺を作りました!ぜひフロントでお声がけ下さい!!

民宿かどや代表としてお客様にお渡しする名刺。昔は持っていた民宿かどやの名刺でしたが、宿は名刺よりもパンフレットを希望されるお客様がほとんど。外出時用の会社名刺は持っていましたが、宿の名刺は10年以上持っていませんでした。でも、久しぶりに作成しました。

記事を読む

お宿あるある「部屋の鍵を持って帰ってしまった!!」という経験はありませんか?

お宿あるある「部屋の鍵を持って帰ってしまった!!」という経験はありませんか?

皆さん、宿泊施設の部屋の鍵をうっかり持って帰ってしまったことってありませんか?最近のホテルではカードキーになったため、鍵の持ち帰りということは少なくなりましたが、旅館や民宿ではまだ通常の鍵のところが多いため、うっかり持って帰ってしまうということが稀にあります。

記事を読む