「 但馬牛 」一覧

私も定期的に食べに行っています!城崎温泉但馬牛いろりダイニング三國さんの但馬玄ビーフシチュー

私も定期的に食べに行っています!城崎温泉但馬牛いろりダイニング三國さんの但馬玄ビーフシチュー

城崎温泉にある「いろりダイニング三國」さんは但馬牛の中でも神戸ビーフクラス、評価の高い但馬玄を使ったレストランとして有名なお店です。私が定期的に行ってしまうのがここの但馬玄ビーフシチューが食べたいから。箸で切れるほどトロットロに煮込んだ但馬玄。お肉の塊がゴロゴロとある贅沢なビーフシチュー。

記事を読む

JR城崎温泉駅すぐ近くにある城崎バーガーで念願の但馬牛バーガーをランチで食べてきた!!

JR城崎温泉駅すぐ近くにある城崎バーガーで念願の但馬牛バーガーをランチで食べてきた!!

前から行きたかったKinosaki Burger(城崎バーガー)へ行ってきました。こちらに来た一番の目的は但馬牛100%のバーガーを食べること。とても興味があって前々から食べる機会を伺っていました。食べてみての感想。さすが但馬牛100%です。お肉の味がしっかりします。脂の甘みではなく、お肉の味がしっかりする。

記事を読む

久しぶりに但馬牛専門店 いろりダイニング三國さんの但馬玄のビーフシチューを食べに行ってきました!!

久しぶりに但馬牛専門店 いろりダイニング三國さんの但馬玄のビーフシチューを食べに行ってきました!!

先日、クリスマスイブ。当館は休館日を頂きました。その日のお昼、私は夫婦で久しぶりに但馬牛専門店 いろりダイニング三國さんの但馬玄のビーフシチ...

記事を読む

「神戸ビーフは但馬牛よりも美味しい!」というわけではありません!

「神戸ビーフは但馬牛よりも美味しい!」というわけではありません!

「脂」と「肉」自体、どちらの旨味に基準を置くかによって、「美味しい」の基準は十人十色です。正直、霜降りのステーキを食べた時の美味しさは神戸ビーフと松坂ビーフ、他にも近江牛や米沢牛など色々ありますが、私自身味の違いはわかりません。どれも美味しいです。でも、お肉の味は違いがあります。

記事を読む

G20晩餐会のメインディッシュはなぜ「神戸ビーフ」ではなく「但馬牛」だったのか?

G20晩餐会のメインディッシュはなぜ「神戸ビーフ」ではなく「但馬牛」だったのか?

G20晩餐会のメインディッシュはなぜ「神戸ビーフ」ではなく「但馬牛」だったのか?見事な霜降りのついたロースの部分をステーキで食べるのではなく、お肉の旨みを閉じ込めた(多分モモ肉の)包み焼き。モモ肉を使う場合は、神戸ビーフよりも但馬牛の中から選ぶ方が選択肢が多い。結果として選ばれたのが神戸ビーフではなく但馬牛だった。

記事を読む

道の駅山陰海岸ジオパーク「浜坂の郷」でランチ「但馬牛焼肉丼」を食べてきました♪

道の駅山陰海岸ジオパーク「浜坂の郷」でランチ「但馬牛焼肉丼」を食べてきました♪

但馬(兵庫県北部)で唯一ではないでしょうか。道の駅山陰海岸ジオパーク「浜坂の郷」は道の駅でPayPayが使えるキャッシュレス対応のお店です。2年前にオープンしたばかり、但馬で最も新しい道の駅。かどやからは香住道路佐津ICから終点まで30分弱で行けてしまう以外と便利でかつ近い道の駅です。

記事を読む

追加料理での『但馬牛ステーキ』についてお知らせ(2019年3月現在)

追加料理での『但馬牛ステーキ』についてお知らせ(2019年3月現在)

当館では追加料理として但馬牛ステーキを以前、2500円〜と言うことで御提供させて頂いていましたが、価格高騰に伴い、9現在は3000円でお願いしています。

記事を読む

秋プランのご紹介「香住ガニ」プラン、「のどぐろ舟盛」プラン、「3種鍋」プラン

秋プランのご紹介「香住ガニ」プラン、「のどぐろ舟盛」プラン、「3種鍋」プラン

改めて秋プランのご紹介をさせていただきます。”食欲の秋”食べたい食材を明確にして頂けるよう、当館秋プランを大きく3つに分けさせていただきました。香住がに、のどぐろ、3種鍋です。香住ガニプランは量に応じて3段階ありますので、プランは5つです。

記事を読む

記念日に「肉ケーキ」!!~但馬高原植物園のコース料理がハンパなかった!

記念日に「肉ケーキ」!!~但馬高原植物園のコース料理がハンパなかった!

結婚記念日に但馬高原植物園にあるレストランで但馬牛のおまかせコース料理をお願いしました。そこで提供して頂いたのが但馬牛の肉ケーキ!!お肉で作ったデコレーションケーキです。なんと、真昆布から抽出した天然のグルタミン酸ドリンク付でお肉の味がより一層高まります。

記事を読む

ヴィッセル神戸のキャラクター「モーヴィ」は多分神戸生まれではありません(笑)

ヴィッセル神戸のキャラクター「モーヴィ」は多分神戸生まれではありません(笑)

但馬牛の畜産農家は、母牛を飼育・出産させて子牛を売る繁殖農家と、買いとった子牛を育てて肉用として売る肥育農家に分かれます。但馬地方は圧倒的に繁殖農家が多く、神戸には肥育農家は存在しません。つまり、モーヴィは但馬生まれの神戸育ちということになります

記事を読む