「 ジオパーク 」一覧

令和元年5月オープン!香住海上タクシー(正式名称:香住海上GEO TAXI)をWebから問い合わせ・お申し込みをしたい方へ

令和元年5月オープン!香住海上タクシー(正式名称:香住海上GEO TAXI)をWebから問い合わせ・お申し込みをしたい方へ

2016年11月30日、香住の三姉妹遊覧船が終了してから香住海岸を海からご覧いただくことができなくなっていました。この度、4〜5名定員で機動力良く遊覧を楽しめる海上タクシーが誕生しました!な、なんと!令和元年の初日、5月1日よりオープンとなります。新しい時代とともにスタートします♪

記事を読む

「道の駅あまるべ」にて「空の駅」カード復活!☆オープン5周年記念

「道の駅あまるべ」にて「空の駅」カード復活!☆オープン5周年記念

余部橋りょう空の駅、オープン当初、そしてエレベーターが設置した時にも「空の駅カード」は配布されていました。もう終了していたのですが、5周年を機に復活しました!道の駅あまるべにて無料配布中です。ぜひもらって下さい!!

記事を読む

今の時期、佐津海岸の魚見台からの夕焼けがとても美しいです!!

今の時期、佐津海岸の魚見台からの夕焼けがとても美しいです!!

魚見台は真西を向いています。しかも、高台にあるため、障害物が少ない。西向きに集落を見下ろせる場所にあります。というわけで昨日、西の空があまりにも真っ赤だったので、夕陽はもう落ちているだろうけど、夕焼けがものすごいので魚見台に撮影に行ってきました!

記事を読む

連日の快晴続きで、佐津海水浴場のハンパない美しい朝焼けが毎日見られています!

連日の快晴続きで、佐津海水浴場のハンパない美しい朝焼けが毎日見られています!

住んでいる私たちも気づかない美しい風景。夕焼けに比べて朝焼けは真っ赤に染まる時間が短いのが難点。でも、それだけ貴重な瞬間でもあります。これから晩夏にかけて。お天気が良ければ秋口でも観ることができます。朝早く起きて佐津海水浴場までお散歩。朝焼けを観に行く。お勧めします♪

記事を読む

梅雨入り直前の快晴の夕方。今子浦の夕陽を撮影に行ってきました

梅雨入り直前の快晴の夕方。今子浦の夕陽を撮影に行ってきました

まもなく梅雨入り。快晴続きの土日のうちに、日本夕陽百選に選ばれている今子浦へ夕陽の撮影に行ってきました。今の時期がちょうど水平線のど真ん中に太陽が没します。海に没する夕陽を見る、という意味でも今がベストシーズンです。

記事を読む

梅雨時期に開催されますが、雨に遭遇したことのない「初夏!ジオパークで食べる イカソーメン早食い大会」

梅雨時期に開催されますが、雨に遭遇したことのない「初夏!ジオパークで食べる イカソーメン早食い大会」

佐津海水浴場で開催される「初夏!ジオパークで食べる イカソーメン早食い大会」、毎年梅雨入り後に開催されていますが、私が参加した中で、雨が降ったことはありません!!お天気に好かれているイベントです。あ、好天を保証するものではありませんけどね(笑)。

記事を読む

「道の駅あまるべ」の新しい道の駅カードは「クリスタルタワー」ですーー!!

「道の駅あまるべ」の新しい道の駅カードは「クリスタルタワー」ですーー!!

「道の駅あまるべ」の新しい道の駅カードは「クリスタルタワー」です。以前の余部橋りょうの写真から美しいライトアップされた夜景写真に変りました。無料でもらえますが、道の駅のレジで「道の駅カードを下さい」と言わないともらえないのでご注意下さい。

記事を読む

香住の佐津といえばここ、という写真、構図を紹介します〜貝殻島

香住の佐津といえばここ、という写真、構図を紹介します〜貝殻島

香住の、佐津の写真、構図でランドマークになるような場所ってどこなのか。貝殻島のインパクトある形を見て、自分が過去にここを訪れたことを思い出された方がいました。ということは、「貝殻島」の形って多くの人の心に残る形なんですよね。

記事を読む

久し振りに佐津海水浴場の「根性松」を観に行ってきた!!

久し振りに佐津海水浴場の「根性松」を観に行ってきた!!

佐津海水浴場にてコンクリートからニョキッと生えている根性松を久しぶりに観に行ってきました。もう6年以上になりますが、元気に存在しています。雰囲気はずいぶん変わりましたが。

記事を読む

春を間近にした香住海岸の様子とジオガイドをしての気づき&とても嬉しかった事

春を間近にした香住海岸の様子とジオガイドをしての気づき&とても嬉しかった事

私たち香美町民にとっては当たり前の海の文化館ですが、ジオパークの拠点施設でもあり、地域資源(当地の場合は漁業)をこんなにもわかりやすく解説できるところがあるということにビックリされました。こういった施設がある事を正しく”価値”として認識していなかったなぁ、と私自身気づかされました。

記事を読む