「 松葉ガニ 」一覧

2017年の香住のカニイベントの日程が発表になりました!!

2017年の香住のカニイベントの日程が発表になりました!!

香住と言えばカニのお祭り、秋と冬のカニイベントの日程詳細が発表になっていたのでご案内します。香住ガニまつりは9月16日土曜日。香住漁港西港で開催されます。祝!かすみ松葉ガニ初セリまつりは11月6日(月)11時から香住・柴山港。第35回かすみ松葉がにまつり(旧かすみカニ場まつり)は11月12日(日)9時から香住漁港西港です。

記事を読む

香住でズワイガニ(松葉ガニ)と紅ズワイガニがどちらも水揚げされる理由

香住でズワイガニ(松葉ガニ)と紅ズワイガニがどちらも水揚げされる理由

日本列島は元々中国大陸から離れて形成されました。その際、最初は真ん中に湖ができ、やがて更に離れて海になった。その海が日本海です。海を作る過程で、当然ながら様々な水深の棚を形成しました。ありがたいことに、香住沖は300~600mと800~1800mという、2種類のカニどちらも豊富に水揚げされる漁場を作り出しました。

記事を読む

ズバリ!!黄金がにって買ったらいくらぐらいするの?相場はどのぐらい?

ズバリ!!黄金がにって買ったらいくらぐらいするの?相場はどのぐらい?

黄金ガニ一ぱい5~6千円は高いか安いか。通常香住ガニと呼ばれるタグ付良質の紅ズワイガニで大体3千円~。松葉ガニで800gサイズは安い時で8千円ぐらい。近年は1ぱい1万円以下では購入できなくなってきています。つまり、よくできているのですが、香住ガニの2倍の料金が黄金ガニ。黄金ガニの2倍の料金が松葉ガニ。

記事を読む

茹でた黄金ガニと香住ガニ(紅ズワイガニ)の見分け方

茹でた黄金ガニと香住ガニ(紅ズワイガニ)の見分け方

黄金ガニと香住ガニ(紅ズワイガニ)の見分け方。活、生の場合は黄金ガニの方が少し暗い色になりますのでわかりやすいですが、茹でている場合は見分けがつきにくいです。表側からだとわかりません。コツは裏(腹)の部分を確認すること。色が赤いのが香住ガニ、白いのが黄金ガニです。

記事を読む

ゆでガニを見て、黄金ガニの身入りの良さがハンパないことを改めて実感

ゆでガニを見て、黄金ガニの身入りの良さがハンパないことを改めて実感

香住がにの甘さ、ジューシーさと、松葉ガニの身入りの良さ、みその濃厚さを兼ね備えたいいとこ取りなのが黄金がに。ゆでガニで見ると、身入りの良さがハンパなく良いのがわかります。残念ながらベニズワイガニだと、ここまでしっかりと身は入っていないのです。

記事を読む

黄金がにプランは4月だけなんですか?

黄金がにプランは4月だけなんですか?

香住ガニの甘さを持ち、松葉ガニの身入りの良さ、カニみそのクオリティを兼ね備えているという良いとこ取り。それがハイブリッドガニである黄金ガニ。黄金ガニプラン、5月もやっていただけないのですか?というお問い合わせをいただきましたので、5月末まで開催することにしました!

記事を読む

4月限定黄金ガニプランのカニの大きさってどれぐらいですか?

4月限定黄金ガニプランのカニの大きさってどれぐらいですか?

先日、お客様にお電話で黄金がにの大きさについてお問い合わせいただきました。お一人様2はいのプラン、オプションで茹でがにおつけします、と記載していますが、大きさについては何も書いていませんでした。大中小の中サイズ、800gぐらいのものを目安にしています。

記事を読む

松葉ガニ漁は3月20日、競りは3月21日に終了ですが、カニ料理は3月末まで可能です

松葉ガニ漁は3月20日、競りは3月21日に終了ですが、カニ料理は3月末まで可能です

松葉ガニ漁は3月20日までとなると、21日以降はカニを食べることが出来ないと思ってらっしゃるお客様があります。でも、厳密に言えば「漁が20日まで」ということは20日の23時59分まで船を出していても良いということ。つまり、その水揚げされたカニの競りは翌日以降の21~22日に行われます。

記事を読む

数え切れないほどの松葉かにをさばいていることの価値

数え切れないほどの松葉かにをさばいていることの価値

昔仲買人さんに言われた印象深い言葉があります。「ワシらは選別を信じて、自分たちでも選別できるようになっていった。でも、実際にカニをさばき、さばいたカニの質を知っているのは宿の調理人だよ」と。確かに沢山のカニを捌いたおかげで包丁を入れた瞬間にカニの質がわかるようになりました。

記事を読む

花咲き活カニのお刺身、どの程度までひらかせると美味しい?

花咲き活カニのお刺身、どの程度までひらかせると美味しい?

かに刺しの花を咲かせるには、氷水にくぐらせなければなりません。但し、その時間は1分以内。3分以上氷水にさらすと、うま味も逃げて行ってしまいます。初めて活カニ刺し、花咲きのカニ刺しを見られた方には「これで?」という感じかもしれません。うま味を逃さないギリギリのラインです。

記事を読む