香住で揚がる真いか(スルメイカ)と白いか(ケンサキイカ)をお刺身で食べ比べてみた!

先日、白いか(ケンサキイカ)が豊漁でしたので、大量に仕入れました。


朝獲れ白いか

こちらを生きたまま仕入れるのが活イカです。


生きたままの状態

今回のように朝獲れの白いかは、夕食の最後のシメの丼、イカ丼に使います。


近年大人気で名物になりつつあるイカ丼!

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです!!

今回、仕入れた白いかの皮を剥ぎ、一部味見?!と称して食卓に並べました。


皮を剥ぐとこんな感じになります

このままお刺身で食べたのですが、せっかくなので、香住で揚がる真いか(スルメイカ)と白いか(ケンサキイカ)をお刺身で食べ比べをしてみようということになりました。

さて、2列に並んだイカのお刺身。どっちがどっちかわかりますか?


上と下で異なるイカです!!

スマホ写真だと光の加減で少しわかりにくいかもしれませんね。実は

上が真イカ(スルメイカ)

下が白イカ(ケンサキイカ)

です。

写真から違いがわかりますか?

ちょっとわからないですよね?(笑)

実際に見ると、白イカの方が白が透き通っていて、真イカの方が色が少し濁っています。

味も食感も明確に異なります。白イカの方が真イカよりも上品な味がします。真イカの方が野趣あふれる味がするといいましょうか、どちらの方が美味しいかというと好みの問題です。

ただ、イカ丼に使う場合は、白イカの方がご飯に絡めた時にシャキッとしていて、夏に食べる丼としては相応しいのではないかということで、当館では白イカにてイカ丼を提供させていただきます。

季節的にも水揚げ期間が真イカよりも白イカの方が短いです。白イカ(ケンサキイカ)=夏、のイメージがあります。やっぱり旬のイカをぜひ食べていただきたい。ぜひ、霞の白イカを食べにきて下さいね。

************************************************

民宿かどやプラン一覧はこちら


空室検索をクリック!

どちらのご予約もお早めに♪

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします