かれいの子まぶりが絶品!香住漁港の目の前「海岸通り前食堂 きん魚」さんにカレイ尽くしの晩御飯を食べに行った!

先日、休館日とさせていただいた日。久しぶりに晩御飯と食べに「海岸通り前食堂 きん魚」さんに行ってきました。


昼と夜やっている「海岸通り前食堂 きん魚」
※定休日は月曜日

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです!!

さて、この冬の時期、地元の人が海産物といえば何を食べているのか。

毎日、美味しいカニが食べられて良いですね!

お客様にそう言われること多々ですが、調理中の味見等以外で食べることって1シーズンに数回です。あ、今回「きん魚」さんで紅ズワイガニ、こんな形で食べさせてもらいました!


かにみそ乗せカニ身

剥かなくてよいカニって良いですね(笑)。

当館も以前お客様のつきだしでお出ししていた一品がこちら。


白バイの煮付け

最近おつけしていないですね。個人的にはこの貝、大好きです!日本酒がすすみます♪

焼き魚は定番のこちら。

エテガレイの一夜干し
エテガレイの一夜干し

これは当館では朝食の一品、焼き魚として定番ですね。そして煮魚もカレイの仲間で。

ヤマガレイ
ヤマガレイの煮付け

ヤマガレイは鳥取ではベラガレイ、京丹後ではササガレイと呼ばれています。

そしてお刺身。


お刺身盛り合わせ

この中で特に注目していただきたいのが、こちら。


カレイの子まぶし

かれいの卵をまぶしたお刺身(地域のよっては「カレイの子まぶり」とも言います)です。カレイは大きめのアカガレイ(真ガレイ)になります。

そうなんです。3種類のカレイを焼き、煮付け、お刺身で食べるというカレイ尽くしです。カレイは決して高価な魚ではなく、地域にとっては大衆魚。色々な食べ方で楽しみます。もちろん、ヤマガレイを一夜干しに、エテガレイを煮付けに、なんてこともやったりします。

でもこの子まぶしは今の時期限定のご馳走です。私も毎年今の時期楽しみにしている一品です♪

最後に揚げ物。


白いかとハタハタの天ぷら

ハタハタの天ぷらって珍しいですよね?鮮度の良い生のハタハタが手に入る地元ならではの食べ方です。甘くてほろほろした身がたまらない一品です!

以上、酒代を除けば、一人3千円ぐらいの予算でこんなに出してもらえました。最近、香住も町内に出れば夜に地物の海産物を食べられる居酒屋さんや食堂が増えていてとても嬉しいです!!

海岸通り前食堂 きん魚
兵庫県美方郡香美町香住区香住1851−7
TEL:0796-20-1343


当館から車で14分、香住漁協の目の前です!

*****************************************

ご宿泊いただいたお客様のクチコミ募集中!↓↓↓
https://g.page/kasumi_kadoya/review?gm

自社公式サイトからの予約システムをリニューアル!
いい旅プランでは「甲羅みそ」や「茹でがに」をぜひ追加料理にてお申し込み下さい!
(追加料理は事前予約でお願いします)

冬の「松葉ガニプラン」の予約は以下よりどうぞ。

・ぷりっぷり食感☆活柴山かにの刺身付!“いい旅プラン 基本P”<香住>☆他プランは追加料理で

・一度はしたかった贅沢!妻と温泉に入ってエエ蟹食べたい☆夫婦水入らずの口福旅☆特選番がにプラン”基本”☆追加料理でフルコースに変更可

※プラン変更は予約時フォームにて、オプション機能のアップグレードで行えます。

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします