宿泊予約サイトのクチコミ、お客様の声はいつ宿泊した誰の投稿か宿側でわかるようになっている

先日、大阪で行われた楽天トラベルカンファレンスに出席してきました。以前はよく受賞していたこともあり、よく参加していたのですが、今回は久しぶりです。松葉ガニシーズンの月曜日に開催。2月開催は仕方ありませんが、できれば火曜日〜木曜日ぐらいに開催してもらえればもっと参加しやすいのになぁって思います。。


2/17大阪帝国ホテルにて

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです!!

今日はそんなじゃらんnetや楽天トラベル等、宿泊予約サイトのクチコミのシステムについてお話しします。

というのも、カンファレンスではクチコミの分科会もあったんですね。そんな中でふと思ったのが、投稿されるお客様の中には

「匿名だから何を書いてもいい」

って思っている方がいるのではないかな、ということです。

表示上では匿名ですが

実際、クチコミページで自分の氏名は「投稿者」と匿名になるのが一般的です。(ハンドルネームに変えることは可能)


サイト上では確かに投稿者は匿名

しかし、これは誰が投稿したものかわからない、宿泊施設側で把握していないというわけではありません。これは楽天トラベルに限らず、どこの宿泊予約サイトでも同様です。

宿の管理画面では誰の投稿かわかる

宿泊予約サイトの管理画面内で返信をするのですが、その際、何月何日の誰が投稿したのかをわかるようになっています。


管理画面内で「宿泊履歴を見る」を
クリックすると投稿者の氏名が表示される

例えば、Googleや食べログ等は匿名投稿が可能ですので、誰が投稿したのかはわかりません。※但し、最近はそれが誹謗中傷であった場合、サイトに対し(裁判所経由で)情報開示請求を行うと投稿者情報を開示されるケースが増えてきているようです。

しかし、宿泊予約サイトのクチコミ・お客様の声は、実際に利用された方の投稿であると同時に、投稿した瞬間に宿泊履歴に紐づいて宿側では確認ができるのです。

そんなの、わかってるよ!

と思われるお客様が大半と思うのですが、当館以外でも域を超えた誹謗中傷の書き込みを見かけることがあり、

ひょっとして、自分の素性がバレていないって思って書いているのかな?

と疑問に思うことが増えてきたので、改めてこのことを紹介しておきます。素性がバレるからといって宿側から何らかのクレームが入るというわけではありませんが、匿名ではありませんので営業妨害にも値する誹謗中傷は、今後場合によっては逆に訴えられる可能性も出てくるのかも、と思い老婆心ながら宿泊予約サイトのシステムについて紹介させていただきました。

文章は一度投稿してしまうと残ってしまいますし、削除しても自分が一時の感情で誹謗中傷の書き込みをしてしまった事実は消せません。

私も旅行者となった時は書き込みをする立場でもありますので、注意したいこととしてこちらに記しておきます。

*****************************************

ご宿泊いただいたお客様のクチコミ募集中!↓↓↓
https://g.page/kasumi_kadoya/review?gm

自社公式サイトからの予約システムをリニューアル!
いい旅プランでは「甲羅みそ」や「茹でがに」をぜひ追加料理にてお申し込み下さい!
(追加料理は事前予約でお願いします)

冬の「松葉ガニプラン」の予約は以下よりどうぞ。

・ぷりっぷり食感☆活柴山かにの刺身付!“いい旅プラン 基本P”<香住>☆他プランは追加料理で

・一度はしたかった贅沢!妻と温泉に入ってエエ蟹食べたい☆夫婦水入らずの口福旅☆特選番がにプラン”基本”☆追加料理でフルコースに変更可

※プラン変更は予約時フォームにて、オプション機能のアップグレードで行えます。

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします