「 海の話 」一覧

海水浴旅行での2泊3日連泊のススメ☆夏休みのかどやは連泊がしやすい!?

海水浴旅行での2泊3日連泊のススメ☆夏休みのかどやは連泊がしやすい!?

「お天気が悪くて活イカがない」となっても、2日あればどちらかの日であれば、活イカをゲットしやすい。仮にダメでもジオ鍋もあります。そんなバリエーションでお楽しみいただけるのが夏プランでもあります。夏ならでは、夏休みならではの2泊3日の連泊旅行。ぜひお楽しみ下さいね。

記事を読む

海水浴場でお金もかけず、荷物も増やさない手っ取り早い熱中症対策

海水浴場でお金もかけず、荷物も増やさない手っ取り早い熱中症対策

海水浴場でお金もかけず、荷物も増やさない手っ取り早い熱中症対策。お金をかけなくても、荷物を増やさなくてもできる対策はあります。まずは濡れタオルを首に巻くだけでも効果がありますので、ぜひやってみて下さい。

記事を読む

日焼け、熱中症対策に。最近、海水浴場でよく見かける「サンシェードテント」ってご存知ですか?

日焼け、熱中症対策に。最近、海水浴場でよく見かける「サンシェードテント」ってご存知ですか?

最近海でパラソルを見かけることが少なくなったと思いませんか?逆に一般的な日よけ対策としてはテントが一般的です。UVカットしてくれるビーチ用の日よけテント。これ、通常のキャンプ用テントよりも安価で販売されています。一般的には「サンシェードテント」と呼ばれています。

記事を読む

お盆を過ぎると海水浴場にクラゲが発生するというのは本当か?

お盆を過ぎると海水浴場にクラゲが発生するというのは本当か?

アンドンクラゲは水温が高くなると一気に増えるとされています。良く海水浴場は7月下旬ぐらいから水温が28度ぐらいに一気に上昇しますが、8月上旬でも水底はまだ冷たかったりします。水面から水底まで、最も水温が高くなるのが8月中旬ぐらい。なので、この頃からクラゲが出だす、というのは物理的には合っています。

記事を読む

海水浴シーズンのお部屋のご利用は海から帰ってきてからとなります!

海水浴シーズンのお部屋のご利用は海から帰ってきてからとなります!

お客様に時々お問い合わせ頂く内容で「先にお部屋に荷物を置かせてもらえませんか?」というのがあります。当館では原則、チェックイン時間である15時より前のお部屋利用はご遠慮いただいております。まだお掃除が終わっていない場合もあるからですが、濡れたままの水着、あるいは砂だらけの足でお部屋のご利用をご遠慮いただく為です。

記事を読む

「子供に透明度抜群の美しい海を見せてやりたかった」夏休みの家族旅行に佐津海水浴場を選んだ理由

「子供に透明度抜群の美しい海を見せてやりたかった」夏休みの家族旅行に佐津海水浴場を選んだ理由

地球の北半球では、秋冬は北風、春夏は南風が吹きます。北に面した海は、春夏透明度がよく、秋冬透明度が悪くなります。逆に南に面した海は、秋冬透明度がよく、春夏透明度が悪くなります。北に面した海=日本海、南に面した海=太平洋・瀬戸内海の本州側となりますよね。日本海側、佐津海水浴場は「お父さんが子供に見せてやりたい海」です。

記事を読む

令和元年の梅雨明けは7月24日〜平年より3日遅い梅雨明けでした!

令和元年の梅雨明けは7月24日〜平年より3日遅い梅雨明けでした!

まだ雨が降りそうな雲行きだったので、まさか昨日、梅雨明け宣言が出るとは思いませんでした。昨日令和元年7月24日11時に気象庁より近畿地方の梅雨明けが宣言されました!!

記事を読む

お天気が悪くても、南風が強ければ海はべた凪、海水浴は楽しめます!

お天気が悪くても、南風が強ければ海はべた凪、海水浴は楽しめます!

お天気が悪くても南風が吹いて海況は穏やかという日には以下のメリットがあります。ビーチが混み合わない。海の家やスーパーマーブルも空いている。ベタ凪で波もなく安心安全。日差しが弱く熱中症や日焼けの心配が低い。ポイントは、『南風』であることです。(但し、これは日本海側のケースです)

記事を読む

3連休最初に佐津海水浴場の監視所当番を担当しました!〜今年もスーパーマーブルが大人気!

3連休最初に佐津海水浴場の監視所当番を担当しました!〜今年もスーパーマーブルが大人気!

海水浴場の開設は7月13日から。例年より早いです。今シーズンは8月18日まで開設しています。3連休は終わりましたが、海水浴シーズン最初の7月13日。かどやが最初の担当ということで、海水浴場の監視当番をさせていただきました。ただ、安全監視よりもどちらかというと、スーパーマーブルの受付対応が忙しかったぐらいです(笑)。

記事を読む

「ここって海水浴場が近いんですね」と言われた「民宿かどや」にご宿泊いただいたお客様の話

「ここって海水浴場が近いんですね」と言われた「民宿かどや」にご宿泊いただいたお客様の話

「ここって、海水浴場が近いんですね」という言葉。近年、海水浴ではなく、活イカや活オコゼ料理が目的のお客様が増えたため、夏の場合でも、当館のある佐津集落に美しい海水浴場があることを、知らずにお越しになられるお客様も増えてきているのです。

記事を読む