秋の週末。海が穏やかで佐津でのダイビングがとても快適でした♪

8月には荒れ模様の海の多かった日本海。9月最初の土日もかなりの荒れ模様でした。先週末の9月9日と10日は奇跡的に穏やかな海。ダイビングも快適に行えましたので、9月、秋の佐津の海中をご紹介させて頂きますね。


佐津ビーチにてダイビング♪

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです。

有難いことに快晴べた凪!!


秋の日本海では珍しいです!

水温もまだ26度あり、ウエットスーツで十分でした。

地域によってはアンドンクラゲ(電気クラゲ)の情報も出ていましたが、佐津ビーチではこの週末、アンドンクラゲを見かけませんでした。

というわけで、気になる海中の様子をご紹介。

はい!エントリーしてすぐの場所にいました。


佐津の定番「タツノオトシゴ」

春も夏も秋も、本来ダイバーにとってレア種であるタツノオトシゴが安定して見られるのがダイビング的にみた佐津ビーチの魅力です。

そして、佐津ビーチの魅力と言えば砂地。美しい砂地が自慢なのですが、この砂地にひそむ生き物たちが面白い。


マゴチ
(かなり大きいです)


ブルーの美しいガザミ
(なぜか片腕でした)


ミノカサゴ
(死滅回遊魚です)


シマウシノシタ
(動きがとてもユニーク!)

のんびりゆったり、これらの生物を観察。

今の時期、更に面白いのは死滅回遊魚と呼ばれる南方系のお魚。

死滅回遊魚とは

初夏、黒潮に乗って日本の太平洋岸に来る熱帯魚の幼魚。房総半島以南に多い。チョウチョウウオ科の魚が多く、秋、水温が下がると死滅する。季節来遊魚。

コトバンク「死滅回遊魚」より

先に紹介したミノカサゴもそうですが、他にも


カゴカキダイ


ソラスズメダイ

などが見られました。

あ、釣りをされる方は気になりますよね。

アオリイカ・・・


ちょっと遠い写真ですが
大きくなってきていますよ!!

ダイバーにとっては、水面を泳ぐアオリイカはとても優雅で美しいです。この時期は夏に比べてかなり成長しているので見ごたえがあります。

まだ、1時間ぐらい潜っても平気な水温。ウエットスーツで潜るのが可能なのは大体10月上旬ごろまで。

但し、北風が吹くと潜水不可となります。秋はその確率が夏に比べてグッと高くなります。今回は週末にべた凪が重なってとてもラッキーな2日間でした!

*******************************************************

TODAY’S PHOTO
貝殻島を食べてみた

べた凪だからこそできるショットです!!


民宿かどやプラン一覧はこちら

*******************************************************

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします