降雪時の自動車道に乗るには「冬用タイヤ装着確認証」が必要な場合があります!

年末年始、雪かきしなくて済みました!!\(^o^)/

と、喜んでいるのは私だけ?!

お正月、お客様には

「雪が見られなくて残念~」

なんて、お声も頂戴しました。

逆に

「雪道運転せずに済んで助かった~」

とも。

お客様にとっても雪があってほしい方、ない方が助かる方、色々ですね。


この程度だとほとんど積もりません

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです。

さて、次の寒波はいつでしょうか。1月10日前後ぐらいでしょうか。

これからの季節は例年海雪よりも山雪の方が多くなります。

ということは、北近畿豊岡道や播但自動車道など、中国山地を越える山ルートの自動車道で積雪や降雪に出くわす可能性が高くなります。


去年の2月、道の駅但馬のまほろばにて

冬用タイヤの装着はマストです!!

これからの季節、さすがにこちらへいらっしゃる場合、冬用タイヤ、スタッドレスタイヤ装着はマストです。

ノーマルタイヤではダメですか?

というお問い合わせをいただくことがありますが、雪が降らなくても気温が下がればアイスバーンのリスクもあります。私たちがOKとかダメの判断はできませんが、さすがに「大丈夫ですよ」とは言えません。

私は絶対に言いませんが、ひょっとしたら「雪が降ってなければ大丈夫ですよ」と回答する人もいるかも知れません。どちらにせよ、決めるのは自分です。「大丈夫」と言った人も「自分の運転ならば大丈夫」であって、あなたの運転技術ならば大丈夫かどうかはわかりません。

あくまで自己責任で、事故やトラブルとなった場合は、全て運転手の責任になります。

場合によっては自動車道に乗れない場合も!?

自動車道に乗る際、冬用タイヤを装着しているかのチェックがあり、ノーマルタイヤだった場合には自動車道に乗ることが出来ません。


舞鶴若桜道の冬用タイヤ装着確認証


播但道の冬用タイヤ装着確認証

いずれも去年までの確認証です。

インターチェンジにて確認してOKならばもらえるわけですが、この確認作業の為、渋滞を起こすのが問題となっていました。

舞鶴自動車道に関しては、今シーズンより冬用タイヤを装着しているかを自動で識別するシステムを導入し、渋滞緩和をはかる予定だとのこと。

タイヤを高感度カメラで撮影し、溝の形状を検出してスタッドレスかノーマルか識別して誘導員に知らせる仕組みなんだそうです。

ちょっと遭遇してみたいです。かどやへお越しの方で、実体験さられた方いらっしゃいましたら、どんな感じだったかぜひ教えて下さいね。さすがにこの雪シーズンに私が車で舞鶴道に乗ることはないと思いますので・・・

あ、大切なことです。ノーマルタイヤでは自動車道に乗れず、こちらへ来られない可能性もあります。スタッドレスタイヤ装着のレンタカーを借りる。あるいはJRやバス等に交通手段を変える。更に更にあるいは日程を雪のリスクのない3月に変更する等、ノーマルタイヤのお車しかお持ちでない方はご注意下さいね。

あ、あと冬用タイヤ装着規制以外にチェーン規制というのもあります。スタッドレスタイヤではなくチェーンでないとダメ、というハードな規制ですが、正直、私はこの規制あまり聞いたことがありません。兵庫県内の自動車道のルートにおいて、そこまでの大雪にはならないんじゃないかなって思います。あるいは、そのレベルだと通行止めになっている気がします。

あくまで”冬用タイヤ装着”のレベルでお考えいただければと思います。

*******************************************************

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

民宿かどやプラン一覧はこちら

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします