「松葉ガニに比べても香住ガニ(紅ズワイガニ)の美味しさは遜色ない!」でもなぜ紅ズワイガニの方が安いの?

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです!

松葉ガニも紅ガニもどちらも美味しい!

先日もチェックアウトの時にお客様に言っていただきました。

香住ガニと松葉ガニ、どちらの方が美味しいとか高級とかって話ではないのです。

香住ガニの方が松葉ガニよりも甘いですよね。私はこっちの方が好きかも。

香住ガニ
松葉よりも紅の方が甘みは強い

甘み強い分、水分量が多くてジューシー。松葉ガニの方が身がどっしり入っていて食べ応えはある。しかも味が上品。でも、カニらしいカニの味と言えば香住ガニ(紅ズワイガニ)の方が上かもしれません。

松葉ガニと香住ガニの値段に差がある理由

人はどうしても

高価なものの方が美味しい

という固定観念があります。実際、松葉ガニと紅ガニでは値段に2倍から5倍の差があります。


カニのランクによって価格差も激しい

では、どうして香住ガニ(紅ズワイガニ)の方が安いのか。私見ですが、3つの理由があると考えています。

1)漁獲制限されているが、漁獲量が安定している

底引き漁の松葉ガニに対し、紅ガニ漁はカゴ網漁。小さなカニはカゴから逃げられるように工夫されています。更には紅ガニ漁でメスガニ(セコガニ)ってみたことはありませんよね?そうなんです。紅ガニはメスガニ漁が禁止されているのです。そのため、安定した漁獲量が確保できるという背景があります。

2)紅ガニは身取り用の安価なカニから贈答用の高額なカニまである

先の写真にあるように、カゴ詰めでまとめて競りにかけられる安価なカニから、1ぱいずつ競りにかけられる高価なカニまで、バリエーションが広いのが紅ガニの特徴。いわゆる3ばい千円と言った身がスカスカな紅ガニが存在することも事実ですが、私たちがカニのフルコースでご用意している紅ガニは身入りの良い上位クラスのもの。

当たり前ですが、安価な身取り用の紅ガニと松葉ガニを単純に比較すればものすごい価格差になります。そう言った意味で「紅ガニ=安物ガニ」ってイメージを持たれてしまう側面があります。

3)紅ガニは日持ちが悪く、すぐに黒くなってしまう

紅ガニは甘くてジューシーだが、その分水っぽいというお話を先述しました。この水っぽいというのは、逆に日持ちの悪さにもつながります。実は紅ガニって暖かい場所にしばらく放置しておくとすぐに黒くなってしまいます。腐っているわけではないので、多少黒くなっても食べる分には問題ないのですが、商品として流通するには見ため的に問題となります。実はこの日持ちがしないという欠点が松葉ガニに比べて高価にならない一番の理由のように思います。最近では紅ガニでも生簀で生かすことができるようになってきていますが、松葉ガニの方が生簀、水槽で長く生きてくれるのは事実です。

以上、紅ガニ(香住ガニ・紅ズワイガニ)が安価な理由は決して「味の差」ではないと私は思っています。GoToトラベルキャンペーンの影響で、9、10月の紅ズワイガニシーズンもたくさんのお客様にお越しいただきました。

これまで松葉ガニしか食べたことのなかったお客様が

紅ガニ、香住ガニも美味しいね!

ってお声をいただいています。

と言いつつ、11月6日から松葉ガニ解禁。香住ガニプランは11月5日までとなるわけですが、、、、

11月1日に空室出ました!

10月27日早朝現在です。11月1日に1組だけキャンセルが出ました!!


民宿かどや空室状況

ひと組様限定になります。先着なので、アクセスしていただいた瞬間に既に×担っている可能性もあります。ベニズワイ蟹、香住ガニを食べてみたい方はぜひ。

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします