「ノーマルタイヤで行っても大丈夫ですか?」に対して大丈夫と言えない理由

おはようございます。民宿美味し宿かどやのガクです。

強烈な寒波は去り、一安心ではありますが、週間天気予報などを見ていると、これから先雪マークの日が出てくることが多くなります。

勿論、その合間に晴れや曇り、雨、気温の高い日もあり、雪の降る心配のない日もありますが、2月中旬ぐらいまで、いえ、何年かに一度は3月上旬まで降雪、積雪のある年もあります。

12月下旬から3月上旬までは雪の降る可能性はあり、中でも1、2月は大雪となる日もあると思っておいていただければ幸いです。


それが日本海側のお天気の傾向です

さて、そんな中お客様にいただくお問い合わせに

ノーマルタイヤで行っても大丈夫ですか?

というものがあります。

この問い合わせに対して、1、2月に関しては全て

大丈夫ではありません。

と、私はお答えするようにしています。

理由は、天気予報で「晴れ」の予報が出ていたとしても、この時期は最低気温が氷点下となる日もあり、凍結の恐れがあるためです。


道路の凍結(アイスバーン)

一般的には急激な冷え込みとなる日の出前、日没前後が危険とされていますが、日中であっても危険なケースはあります。例えばカーブの多い道の日陰の部分などは、日中でも凍結したまま、なんて場合があります。

当地区ですと、急カーブの多い海岸線の道などに危険なカーブがあったりします。

週間天気予報を見れば、雪予報ではない。しかし、最低気温が0度前後。実際のところは、最高気温が高ければ日中運転するレベルでは大丈夫な場合はあります。しかし、お客様の運転技術レベルは人それぞれ。サンデードライバーの方もいらっしゃるでしょう。

とっさに急ブレーキ、急ハンドルをしてしまった時は特に危険です。

ノーマルタイヤでも大丈夫ですか?

という問いに対しては正直、

私は大丈夫ですけど、お客様は大丈夫かわかりません

し、天気予報的に大丈夫でも

選んだルート(道路)によっては凍結による事故の危険性がある場所がゼロではありません。

お問い合わせに対し、お答えしようがないのと同時に、その回答が正しい訳でもありません。

なので私は

大丈夫かどうかは私の口からはお答えできません

と回答させていただいております。少なくとも日本海側の1、2月に関しては、

スタッドレスタイヤを履くのがマナー

とお考え下さい。個人的にはコロナ禍のマスクと同等かそれ以上のものであると認識しています。

こんなツイートも投稿↓↓↓

********************************************

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします