「たんば牛 ランチ」ではなく「たじま牛 ランチ」ですよ!☆誤読注意

おはようございます!民宿美味し宿かどやのGakuです。あいにくのぐずついたお天気が続いていますが、ちょっと前までの雪模様は何処へやら、暖かい日が続いています。春のお出かけシーズン真っ只中ですね♪

そんな陽気の影響でしょうか。「ランチ」というキーワードから当館ブログへお越しいただいている方が多い様です。特に「但馬牛 ランチ」での検索が多いです。

たじまうし

あ、但馬牛(たじま「うし」)ではなく

但馬牛ステーキ

但馬牛(たじまぎゅう)ですね^^;

そんな但馬牛。

「たんば牛 ランチ」で検索されている方が定期的にいらっしゃいます。

たんば牛あまりに多いのでしょうか。
グーグル先生は「たんば牛」と入れても

「但馬牛」を表示してくれます。^^;

たんば牛って何?

実は昔からお電話での予約の際「たんば牛のステーキ付プランで」と言われる方が3人に1人ぐらいの割合でいらっしゃいます。実際、「たんば牛」とPCで入力して変換すると「丹波牛」と出てきます。

丹波牛とは?

が、おそらくほとんどのお客様が「丹波牛」を求めているのではなく「但馬牛」を「たんば牛」と誤読されているものと思われます。確かに文字を分解してみると

但馬=但(たん)+馬(ば)

と読めてしまうんですよね。むしろ

但馬=但(たじ)+馬(ま)

と読む方が無理あります。^^;

『古事記』に但馬は「多遅麻国」と記載されていたそうです。色々な説はありますが、由来は不明のようです。

但馬牛は「たじま」牛とお読み下さい!!

自分たちは住んでいる地域なので気づきませんが、どうやら「但馬」は難読文字、いえ、誤読文字のようです。意外と知らない人の多いなのかもしれません。

神戸ビーフの素牛でもあり、和牛のルーツでもある但馬牛。有名になってきて一度は食べてみたい、と思われる方は増えているようです。だから、「但馬牛 ランチ」の検索も多いのだと思います。でも、ひらがなで検索するときは「たんば牛 ランチ」ではなく、「たじま牛 ランチ」で検索してください。今日のブログは誤読撲滅運動として書かせていただきました。

川柳☆但馬牛「ただし、ばうし」と読まないで。

*******************************************************

TODAY’S PHOTO
但馬牛のしゃぶしゃぶが食べたい時は「ジオ鍋」

geo_nabe香住ガニ、但馬牛、ハタハタが同時に食べられる鍋です!
香住かに・但馬牛・ハタハタ☆3つの食材を楽しむジオ鍋P 

*******************************************************

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接電話できます。

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします