ひょっとして日本初?!香住高校でプラスティネーション標本の作り方授業 後編

おはようございます!
民宿美味し宿かどやのGakuです。
今日は朝8時に香美町役場集合で、山陰海岸ジオパークガイド研修会に参加するために鳥取まで行ってきます!


今日のブログは、昨日ご紹介したプラスティネーション標本の具体的な作り方のお話をさせていただきたいと思います。


まず、死んだばかりの魚をホルマリン漬けにします。
ホルマリン漬けにする理由は、体組織内のたんぱく質の性質を変えて腐りにくくするためです。


それを水洗いし、今度はアセトンという液体につけます。
アセトンとはマニキュアの徐光液や瞬間接着剤のはがし液などで使われている液体です。
脱脂性が高く、体内に残った水分と油脂分を取り除いてくれます。



今回は既にここまでの下処理をした魚が用意されていました


この後シリコン漬けにするのですが、ポイントは真空ポンプで減圧させること。



シリコン投入。シリコンの量を減らすためにビー玉を入れてかさ上げしています。笑



真空引きにセット。今回はその様子が見られるように蓋が透明のアクリル板になっています。


これによってアセトンが蒸発し、その代わりにシリコンが入っていきます。



減圧中。泡はアセトンが抜けて行く様子です。


この後丸1日ほど減圧、その後取り出して1週間ほど干します。
出来上がりは後日、ということになります。


私も何尾か作らせてもらいました♪



カワハギとアユ


完成が楽しみです☆


海の文化館にはたくさんの剥製があります。
将来的にはこのワークショップが一般の方向けに香住で開催できれば、
剥製とともに面白い紹介ができるのではないかと思います♪

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

コメント

  1. 中川 広幸 より:

    こんにちは。ブログを拝見し大変興味を持ちましたので、メールをさせて頂きました。私は神奈川県で工業高校の教員をやっている者ですが、「香住高校でプラスティネーション標本」作製、とても素晴らしいと感激しました。まず第一に、一般に述べられている作成方法と比較すると、その方法の簡易性・時短・低コストであるところが素晴らしい!第二に、施設・設備の整った大学ではなく高校生を対象とした実験レベルで実施されているところに共感できました。私の高校でもこれまでに、「透明骨格標本」の実験を授業の中に取り込んできましたが、「プラスティネーション標本」を加えることにより、その用途や違い、標本の活用(文化祭等での展示やスライスした細胞組織を顕微鏡等で見る)にも応用できそうでワクワクします。つきましては、もしよろしければ実験の詳しい内容(試薬等の量的な事や真空ポンプの排出量、失敗談等)について、さらに教えて頂けると幸いです。けっして個人の利益目的に使用することは無いと誓いますので、宜しくお願い致します。