昭和50年代後半から60年に制作された佐津観光協会のパンフレット差し上げます!!

先日、香住観光協会のツイッターで懐かしいポスターが紹介されていました。

時代を感じさせますね♪言うまでもありませんが、背景の島、貝殻島ですね。そうです。佐津海水浴場です!!

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです!!

懐かしいついでに興味のある方にご紹介。実は先日掃除をしていたら、びっくりするぐらいたくさんの昔のパンフレットが出てきました!!


昭和時代の佐津観光協会のパンフレット

元号が令和になりましたので、2つ前の時代のパンフレットということになります(笑)。30部以上あります。ですので・・・

お越しいただいたお客様、先着30名様に差し上げます!(希望されたお客様のみです。フロントで「昭和のパンフレット下さい!」とお申し付けください。

いや何がすごいって時代を感じるのです。正直、このパンフレット、いつ作られたものかはっきりとはわかりません。でも、


JRではなく国鉄となっています!

ということは国鉄がJRと民営化されたのが昭和62年。ということは、昭和62年よりも前に作られたパンフレットということは間違いありません!実際、


多くの海水浴客で賑わう佐津ビーチ

ウインドサーフィンの感じからいくと、昭和50年代ぐらいな気がします。私が15歳の時、すなわち昭和57年前後にこのタイプのウインドサーフィンに乗った記憶があります。

時は海水浴バブルと言われていた時代です。


当時は民宿総勢2000名収容可能でした!

50軒以上の民宿がありましたので。今は30軒ちょっと。部屋の定員も厳しくなっていますので、半分の1000名収容できるかどうか、微妙なところです。更には・・・


鳥取砂丘まで佐津から2時間30分

今は佐津インターチェンジから自動車道に乗れば、ちょうど1時間ぐらいです。まだ一部一般道の部分がありますので、全てが自動車道でつながれば、50分前後で行けてしまうのではないでしょうか。150分かかっていたのが3分の1に短縮されました。今ならば、渋滞していなければ米子まで楽勝でいけてしまいます。神戸だって3時間かからない時代です。

そして最後に興味深かったのが・・・


昭和の頃の松葉ガニの競り

松葉も紅ズワイのように氷詰めになっています。ほとんどが生きてないカニを競っていますよね、これ。つまり、当時は動いている元気な松葉ガニで競りをされることはなかったですし、ましてや生簀で元気でいるカニを競るなんてことはありえませんでした。こんな写真からも時代を感じます。

実はこのパンフ、8ページもあります!まだまだ他にも注目点がいっぱいです。興味のある方。先着30名の方に差し上げますので、ぜひフロントでお声がけくださいね♪

*****************************************************

民宿かどやプラン一覧はこちら


空室検索をクリック!

どちらのご予約もお早めに♪

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします