GoToトラベルキャンペーン期間中の予約をキャンセルする際にご注意いただきたいこと

GoToトラベルキャンペーン

おはようございます。民宿美味し宿かどやのガクです!!

昨日、会社名での領収書が発行できない旨のお話をした際、

GoToトラベルキャンペーンは割引ではありません。本来の金額に対し、35%の現金給付と15%のクーポン給付です。

というお話をいたしました。


割引ではありません!

宿泊キャンセル時にご注意いただきたいこと

このことで、宿泊をキャンセルする際に、ご注意いただきたいことになります。

キャンセル料はGoTo給付金利用前価格が基本になります。つまり、キャンセル料に対しては給付金が割り当てられません。

例えば、2万円の宿泊料に対し、GoTo適用で支払いは1万3千円、3千円分のクーポンがつきますので、実質負担は1万円、と思いがちです。確かに普通に宿泊していただければその計算で間違いありませんが、キャンセルをした場合、

2万円全額に対しキャンセル料が適用されますので、当日キャンセルの場合、100%の2万円がキャンセル料として必要となります。

宿泊するよりもキャンセル料の方が高いことになります!!

現在、どこの宿もキャンセルの取り立ては厳しいです

最後にこれは当館に限らず、多くの宿泊施設で同様のことだと思うのですが、現在宿泊組数を制限して営業をされているお宿さんが数多くあります。

もしも、制限している数少ないお客様が間際キャンセルになった場合。更にはキャンセル料をいただけなかった場合。宿泊施設としてはこれまで以上の損失となります。フードロスによる実損以上に現在は販売機会損失による被害の方が多いお宿さんが多いと思われます。

そのため、キャンセル料の規定を厳格に守っている宿泊施設が多くなっています。

他の宿は見逃してくれた

と、キャンセル料免除の交渉をされるお客様も少なからずあるようですが、コロナ禍においては”以前のように免除してくれる”とは思わない方が良いですし、今は法的に請求する仕組みも整ってきていますので、逆ギレする、踏み倒そうとする行為は、ともすれば犯罪として扱われる可能性も出てきています。

今後、宿泊予約はコンサートのチケットを購入したのと同じぐらいの責任が生じると思っておいた方が良いかもしれません。


当館は複数日仮押さえ防止のため
1週間前から
設定していますのでご注意下さい

宿泊キャンセルは1日でも早く決断を!

では、どうしてもキャンセルしなければならない場合、どうすれば良いか。特に体調面での不安が出てきたとき。答えは

キャンセルする決断を早める

当日キャンセルは避ける

ということです。

例えば今、チェックイン時の検温が実施されています。当館において、7月からのGoToトラベル実施以降、37度以上の熱のあった方はいらっしゃいません。

これは「検温が実施される」というルールが常態化した事で、旅行の数日前に体調が悪ければ早めにキャンセルの決断を下す、旅行前の体調管理をしっかりされる方が増えてきているからではないかと私は感じています。


検温は熱のあるお客様を
追い返すためのものではない

例えば当館の場合、2、3月への日程変更であれば、2、3日前でもキャンセル料なしで対応させていただいています。(GoToトラベルキャンペーンにより、2、3日前に空室が出れば、ほぼ確実に代わりのお客様の予約が取れるためです)

2、3月もGoToトラベルキャンペーンが延長される見通しになっていることも、日程変更のしやすさを後押ししてくれています(延長は確定ではありません)。

宿泊施設としては、販売機会を損失させられてしまう当日、前日キャンセルが一番困ります。それよりも前に早めの決断を下すこと。それがお互いにとって最善策となります。気まずくなって、翌年以降ご利用いただけなくなってしまうというのが当館としても一番心苦しいパターンです。

キャンセル料は割引前価格、全額に対してかかることを認識していただくこと。ですので、キャンセルする場合は早めの決断をしましょう。

GoToトラベルキャンペーンの盲点でもありますのでご注意下さい。

 

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

 

タイトルとURLをコピーしました