民宿かどや作成のランチョンマットが日本海新聞で紹介されました!

おはようございます!
民宿美味し宿かどやのGakuです。

嬉しいお知らせです。
先月末から使用している当館のランチョンマット。

かどやランチョンマット

昨日の日本海新聞さんの但馬欄にて紹介していただきました!\(^o^)/

日本海新聞ランチョンマット紹介
「ジオなど描いたランチョンマット」

な、なんと、ネット配信記事としても紹介していただきました。

子ども目線で名所紹介 民宿がランチョンマット作製

詳細記事は以下の通り

—–

 家族旅行の親子連れに兵庫県香美町香住区をしっかり楽しんでもらおうと、同町香住区訓谷の民宿が、子ども向けにランチョンマットを作製した。町のゆるキャラ「ジオンくん」が、今子浦のかえる島など同区内4カ所の観光名所を子ども目線で簡潔に紹介している。

 考案したのは、民宿かどやの今井学代表(47)。民宿での食事中に子どもが携帯ゲーム機で遊ぶ姿が気になり、親子の会話のきっかけになればと作製を思い立った。同区を訪れた観光客の多くはお目当てのカニ料理などを味わうと、周辺を巡ることなく町外の観光地へと向かう傾向が強いといい、町内での滞在時間を増やす狙いもある。

 ランチョンマットで取り上げた観光地は、佐津海岸▽今子浦のかえる島▽香住海岸で運航する遊覧船「かすみ丸」▽展望施設「空の駅」-の4カ所。図案は、同町を親子で訪れたことがある大阪府のデザイナーが担当した。「おふねにのって おもしろいカタチのいわや きれいなうみがみれるよ」(かすみ丸)などと、各地を自分の目で確かめてみたくなるような文面で紹介している。

 旅の記念品として持ち帰る子どもが多いほか、実際に子どもからの要望で紹介されている観光地を尋ねた家族もいるという。

 今井代表は「見どころをイラストにすると、子どもたちの目に留まる。紹介場所を差し替えて、他の民宿でも使ってほしい」と話している。

—–

記者さんとの取材でお話した通りのことを書いてくださいました。

お子様用のランチョンマットを作りたいな、と思ったのはfacebookで宿友だちが作っているのを見ていいな~と思ったから。

その時最初に思ったのはただ単に作るのではなく

民宿での食事中に子どもが携帯ゲーム機で遊ぶ姿が気になり、親子の会話のきっかけになれば

ということでした。

今回お願いしたデザイナーさんは3つの案を提案してくださいました。

(1)シンプルな観光地案内
(2)観光地スゴロク
(3)ジオンくんぬり絵

スゴロクやぬり絵だとゲーム機同様遊んでしまうだろうということになり、シンプルな観光地案内に決定。

香美町のゆるキャラ「ジオンくん」が子供目線で面白そうなところをご案内。
あ、ジオンくんって小学5年生って設定なんですよ^^

ジオンくん、佐津海岸にて
ジオンくん、なかなかカワイイでしょ^^

まだまだ香美町にも香住にも知られていない面白いところがたくさんあります!

お子さんが「行きたい!!」
と、いうところに行きませんか?

そんなお手伝いができ、なおかつお食事の際の会話が盛り上がってもらえると嬉しいです♪

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接電話できます。

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします