香住と城崎温泉、カニを食べるならどちらに行くのが良いですか?

おはようございます!民宿美味し宿かどやのGakuです。もうあと半月で松葉ガニシーズンが終了するというのに、ここのところカニのお話が続いています^^;松葉ガニシーズンの宿泊のお問い合せは減ってきましたが、日帰り昼食のお問い合せはまだまだ多いです。来週末21日、22日の日帰り昼食は満室となりました。明日15日日曜日、食事処かどや別館の日帰りカニ昼食、お席がまだ若干ございます。来週がダメということは、週末日帰り昼食可能なのは明日と月末のあと2回です。雪道走行の心配もいらず、ノーマルタイヤでお越しOKの明日、オススメです♪

民宿かどや&食事処かどや別館「日帰りカニプラン」

さて、今日のお話はヤフー知恵袋でよく質問されているネタをパクりました^^;この質問、何度か見かけました。

香住と城崎温泉、カニを食べるならどちらに行くのが良いですか?

城崎温泉「城崎温泉」は有馬温泉、白浜温泉とともに
関西で有名な温泉地の一つです

まあ、この質問に私が答えるとすれば、「香住に来てくださいよ~」となってしまうわけですが(笑)、目的にフォーカスして私なりの解釈をお話させていただきます。

まず、カニ旅行の場合、「日帰り」か「宿泊」か、です。日帰りならば、香住をオススメします。理由は例えば香住でもかどやのある佐津地区の場合

列車で2駅20分、車だと30分ほどとすぐ近くだから

です。お客様に時々言われるんです。

城崎温泉と香住ってこんなに近かったんですね!

と。

城崎からかどや城崎の温泉寺(大きな駐車場がある)から
民宿かどやまで車で31分

このルートだと、信号にあうのは竹野で1回だけです。(笑)
なので、スムーズに行けば、30分切ります。
※竹野-城崎間の「鋳物師戻峠」は狭い道ですので冬季通行はご注意下さい。

日帰りで香住でカニを食べた帰りに城崎温泉をぶらり。これ、可能なんです。それぐらい香住から城崎温泉って近い、ということをもっともっと知っておいてもらっていても良いかな、と思います。

では、宿泊の場合は?温泉の優先順位や食前食後のまち歩きの楽しみ方をどう捉えるか、ということになります。城崎温泉ならば温泉街のまちあるきがセットになります。香住の場合、特にかどやのある佐津集落の場合、昔のままのイメージの残る海辺の集落でのお散歩がセットになります。

11月佐津集落にて自然の豊かな佐津集落。コンビニはありません。

いやいや、とにかくカニだよカニ、カニが今回の一番の目的

と言われる場合。「カニだったら香住だよ」とかヤフー知恵袋にはそんな感じで書いてありましたが、今回、カニの質に関しては宿によるバラツキもあるでしょうからあえてここでは申し上げません。私が思う判断基準は「カニフルコース」と「カニ会席」のどちらが食べたいか、かと思います。

香住ガニフルコースカニ鍋も含めたカニ尽くしが良ければフルコースで

例外の宿もありますが、一般的に香住=民宿、城崎温泉=旅館というイメージがあるかと思います。それが夕食で以下のような違いになることが多いです。

城崎温泉の旅館の夕食
・・・カニの単品料理もつくカニ会席/手のかかった見た目もきれいな単品料理。カニ以外のお料理も。ボリュームは少ない

香住の民宿の夕食
・・・カニ鍋、焼きガニ、かに刺し、ゆでガニ等、素材中心とにかくカニ尽くし。カニのボリュームがすごい

と言った傾向があります。

上品にちょっとだけ食べるのと、ドバっとお腹いっぱい食べるのとの違い。

すご~い雑な言い方をするとこの違いになります。どちらがいいかではなく、どちらを食べる旅を今回はしたいか、です。勿論、城崎温泉でカニフルコース、香住でカニ会席を出されているお宿も探せばあると思います。ただ、一般的な認識だとこんな感じで良いんじゃないかなぁと思います。

あ、そうそう。4月、5月でもカニばぁ~んのカニフルコース(但し、松葉ガニではなく香住ガニです!)を食べられるのは香住だけです。この考え方で参考にしていただければと思います。

*******************************************************

TODAY’S PHOTO
4月からのかどやの会席プラン「ごっつぉプラン」

ごっつぉプラン会席プラン、といってもカニ料理の数々
カニ鍋の代わりにのどぐろ舟盛、という
香住ならでは、素材重視のボリュームプランです。

*******************************************************

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接電話できます。

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

コメント