旅館でお風呂のお湯が「熱い!」と感じた時の入り方

おはようございます。民宿美味し宿かどやのGakuです。雪が降るほどではありませんが、一気に冬型の気候に!!宿はこんな時、お風呂の湯温調整で結構苦労します。急激に寒くなると温度上昇も遅くなりますし、それまでよりもぬるくなったりします。

かどやのお風呂お風呂は快適に入りたいですよね♪

「お湯が熱い!」というお声をいただくこともあります!

逆に「お湯が熱すぎる!」というご意見を頂戴することもあります。特にこれからの季節は身体が冷えていますので、お湯がものすご~く熱く感じることがあります。今日はそんな時のお風呂の入り方についてお話したいと思います。

お風呂のお湯が「熱い!」と感じた時の入り方

多分、このお題で記事を書く人っていないですよね(笑)あくまで私の入り方です。3つの行動ステップでお話します。

(1)身体にお湯をかける

まず最初に、しっかりと身体全体にお湯をかけましょう。

風呂桶シャワーではなく桶を使ってしっかりと

足の方から徐々に上に向けてかけていくのがコツ。お湯が熱いようならば、桶に水を足して適温にすればOKです。自分が「熱い!」と思うほどではない適温で行いましょう。

(2)最初に露天風呂に入りましょう

ほとんどの旅館のお風呂、室内のお風呂よりも露天風呂の方が湯温が低く、ややぬるめです。なので、露天風呂の方が入りやすいはずです。少なくとも当館の場合は、中のお風呂よりも露天の方が湯温的には入りやすいです。

かどや男湯露天風呂まず最初に露天風呂!

外気温で熱量が奪われる分、どうしても外の方がぬるめになります。その分温度設定を中よりも高めにはしていますが、それでも外の方がややぬるめになるように当館ではいつも心がけています。露天風呂は身体はポカポカ、頭は涼しいので長く入っていられるのも良いですね。しっかりと体を温めて下さい。

(3)最後に中のお風呂に入ってみると・・・

身体をシッカリ温めてから最初に「熱い!」と思っていた中のお風呂に入ってみると、普通の湯温であることに気づきます。

かどや男湯最初は身体が冷えていて熱く感じていたんですね

これからの季節、身体の冷えは自分の思っている以上です。身体を徐々に温めていく。露天風呂はそんな活用の仕方もあります。露天風呂のある旅館ならではの方法です。私自身、寒い時期外湯等に行った時にはそのようにしています。「お風呂のお湯が熱すぎる!」と思ったらぜひ試してみてくださいね。

*******************************************************

TODAY’S PHOTO
ズワイガニ(松葉ガニ)と

ベニズワイガニ
ズワイガニとベニズワイガニ生だとこんなに色が違う!!

どちらも食べられる松葉がにと紅ズワイ(香住がに)
食べ比べプランはこちら↓↓↓
冬のジオ鍋☆香住でしか食せない松葉かにと香住かに夢の共演、但馬牛肉もついて食のジオパークを堪能♪

その他民宿かどやプラン一覧はこちら

*******************************************************

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします