東シナ海のタンカー事故が日本海に影響を及ぼす?!~事故一報を聞いて感じたこと

大雪はそろそろ打ち止めになりますが、寒い日はしばらく続きそうです。


こんな晴天の瞬間もあったんですけどね

日本海側へお越しの皆様、温かい恰好でお越し下さいね♪

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです。

さて、今日はちょっとシビアなお話を。

先日、SNSで拡散されていた記事を見て思ったことです。

東シナ海、奄美大島沖で石油流出事故!?

もしも、これから3年間、カニ漁ができなくなるってなったらどうすればよいか?

かに漁だけでなく、様々な海産物も。

香住の宿にとっては死活問題です。

でも、一瞬それを覚悟する事故の写真を目にしました。

そちらがこれ。


ロイターの記事写真から引用されています

奄美大島沖で大規模な石油流出事故があり、2,3か月後にはその影響が日本海沿岸にも出てくる、との情報がSNSで拡散されていたのです。

私も最初は思わず反応しちゃいました。

日本海側は1997年ナホトカ重油流出事故のトラウマがあります。阪神淡路大震災の2年後。どちらもカニシーズンに起こりましたので大打撃な出来事でした。

しかも、流出量がナホトカ号の時よりもはるかに多いとのこと。不安は隠せません。

深く調べていくと、以下のツイートと記事を見つけ、今の時点でそれほど深刻に不安がる必要がないことが分かりました。

現時点では、懸念すべき事項ではあるけども、大げさに不安がる、禁漁を覚悟しないといけない程のことではない、と認識しています。

でもこういった機会に、万一のことを考えておかなければならないと思います。

私が一番思ったこと

今回の「もしも」が起こった時に私が考えたこと。

カニがなければ、香住のブランドがなければ
誰もお客様の来ない宿にならないようにしたい

ということです。

今年48年め。2年後かどやは50周年の節目を迎えます。


昭和45年(1970年)創業です!!

最初は海水浴の宿として。その後海産物とかに料理の宿に。

料理民宿として、海なしでは存在しえなかったのは事実です。

じゃあ、海の幸がなくなれば、誰もお客様が来なくなるのか。

実際、海の幸なしではやっていけないでしょう。

でも、海の幸が3年間獲れないとなり、3年間の休業を余儀なくされた際に、再開時にまた再びお客様がお越し下さる宿になれるか。

それが大切だなぁ~と実感しています。

今カニシーズンもたくさんのお客様がリピーターとしてお越しいただいたいています。今シーズン初めてお越し下さったお客様も、来シーズンにもう一度お越し下さればリピーターさんです。

3年空いてもまたお越しいただけるように。

阪神淡路大震災やナホトカ重油事故の後も再びお越し下さったお客様に助けていただきました。その時の感謝も忘れぬよう。

改めてそんな気持ちを抱きました。

これからも香住のおいしいカニ、海産物をご用意して皆様をお待ちしております。

よろしくお願いします。

*******************************************************

民宿かどやプラン一覧はこちら

4月の香住ガニシーズンの
予約も入り始めました!
日付検索はこちらをクリック

↓↓↓

空き室検索

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

※民宿かどやの電話番号となります。記事中に登場するお店、イベントの問い合わせ先ではありませんのでご注意下さい。

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします