「とりあえず予約します」って言葉ではお受けしていません☆飲食店や宿を電話予約する場合はご注意下さい

ちょっと気になる記事が読んで、昔のことを思い出しました。

20年前にまだこちらに帰ってきたばかりの頃。
予約されていたお客様がいつまでたってもいらっしゃらない。

確認の電話をしたら
「問い合わせただけで正式な予約なんてしてないはずですけど」

って言われました。
実際、電話予約のお客様で

「とりあえず予約お願いします」
「とりあえず押さえといてください」

という言葉を使われる方が今でも多いです。


今日は電話予約に関するお話です

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです!!

そんな昔のことを思い出したのは以下の記事を読んで。

まず、この記事に書いてある内容において、どちらが悪いというコメントは私の方からは一切致しません。

ここに書いてない別のやり取りがあったのかもしれませんし、実は全く違うトラブルなのかもしれない。

25名もの予約を、最終人数確認をお互いがしなかったというのも私の感覚からですと考えにくいです。(あくまで私の感覚です!)

ただ、自分に置き換えてみて、電話での予約の場合は後から「言った」「言わない」でお互いが嫌な思いをしない様に、あいまいな形でやり取りを終わらせることがないよう注意しています。

私の場合、20年前の経験から電話対応に慎重になりました。

すると、意外に「とりあえず」という前言葉をつけるお客様が多いことに気づいたのです。

その経験以降

「とりあえず」ではお受けしていません。
正式にご予約でよろしいですか?

と私は必ず聞き返すようにしています。


あまり知られてないことですが、
電話予約でも法的には「契約」です

すると、「じゃあ、またかけなおします」ってお客様と「じゃあ、正式予約で」と言われるお客様、半々ぐらいです。

「かけなおす」と言われるお客様がいらっしゃるということは、こちらが正式予約と思っていても、「仮」予約のつもりの方が意外といらっしゃるものだと認識しています。

もちろん、「仮」であるからこそ、

「この前の予約はヤッパリなしということで」

と、仮予約の取り消しをちゃんとご連絡下さるお客様もいらっしゃいます。

「押さえといてください」

という言葉もあいまいです。

宿や飲食店からすると「押さえておく」は予約です。

お客様からすると「仮予約」の場合が多い。

仮予約の場合は、

いつまでに正式な回答をもらえるか、

日付を区切ります。

「この日までは押さえときます」

と言った感じで私は応えるようにしています。

なので、当館ではこういったトラブルは近年はありません!

と言いたいところですが・・・

ちょうど先月にありましたf^^;。

先月上旬大雪でキャンセルされたお客様。


2月上旬の大雪

代わりの日にお越しいただけることになりました。

代わりの日は26日、月曜日ということに。

2月26日の月曜日にいくら待ってもお客様がいらっしゃらない。

電話をかけてみるとお客様は3月26日月曜日の予約のつもりだったそう。

先日いらっしゃいました。

2か月続けて同じ曜日配列になる今回のようなケースにマレにあります(苦笑)
これはお客様と笑い話になりましたけどf^^;。

これは月を確認しなかったこちらのミスです、はい、、。

というわけで、お電話での予約、問い合わせは蜜が起こるものです。

お互い嫌な思いをしないよう、注意したいですね。

当館も改めて気を付けたいと思います!!

*******************************************************

民宿かどやプラン一覧はこちら

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

※民宿かどやの電話番号となります。記事中に登場するお店、イベントの問い合わせ先ではありませんのでご注意下さい。

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします