冬季に貸切露天風呂に入る際に注意していただきたいこと(洗い場も露天です!)

1月にしては暖かすぎる陽気の日が多いです。

日本海側なのに青空を見る日も多い。


ゴミ収納庫の掃除当番も
この時期にしては快適に行えます

寒波到来の情報は入ってきません。本当に今シーズンはどうなっていることでしょうか・・・。

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです!!

さて、そうはいっても日没後から日の出直後までは寒いです。夜は冷え込みます。何度もリマインドで書いていることですが、まだまだ知らない方が多いので、定期的に発言させていただきます。

当館の貸切風呂は湯船も洗い場も露天です

当館の貸切風呂は貸切露天風呂です。

身体を洗うためのカランやシャワーも屋外にあります。


露天風呂のすぐ横にカランがあります!

大きさ的にも2、3名でお入りいただける程度のものです。

貸切風呂=家族風呂、と認識される場合も多いのですが、だからと言って例えば乳児さん連れでお入りいただくには寒すぎて危険です。

少なくとも12−3月ぐらいは普通のお風呂としてご利用いただくのは難しいです。

過去に

屋外で身体洗うなんてできるわけないだろ!

という意見も頂戴しました。

実際、過去に

ちなみに貸切風呂は寒すぎてはいれませんよ。洗い場も外ですし、お湯ぬるいので、身体冷やし風邪ひきます。

という口コミもいただいたことがあります。どれだけ「貸切風呂は露天風呂ですよ!」と書いても「露天」の部分を見落とされていたり、「洗い場は屋内だと思っていた」と言われる方が年に何人かいらっしゃいます。

いっそのこと、12−3月は貸切露天風呂休止にしようかな、と考えたこともあります。とはいえ、常連のお客様とお話をしていると、楽しみにされている方もいらっしゃるため、「洗い場が露天でもいいよ」と言ってくださるお客様のために当面は継続していただきたいと思います。

冬季に貸切露天風呂に入る場合の注意点

まず、お湯を被った後、身体を洗うよりも先に湯船に浸かり、身体を温めて下さい。可能ならば、先に一般の男女別浴場に入ってから貸切露天風呂をご利用いただくのもオススメです。

一般の公衆浴場のように

まず最初に身体を洗ってから湯船へ

という手順は身体が持ちません。


湯船で身体を温めるのが優先で!

なお、脱衣所は屋内になります。また、灯油ファンヒーターも置いていますので、しっかり温まることができます。

何れにせよ、まずは身体を温めてから、を優先させて下さい。

身体を洗うよりも先に湯船に浸かり、身体を温めて

で良いと思います。

ぜひ、このことをご理解の上ご利用下さいね。

以上、今の時期に貸切露天風呂ご希望の方にご注意いただきたいことをお話しさせていただきました!

*******************************************

ご宿泊いただいたお客様のクチコミ募集中!↓↓↓
https://g.page/kasumi_kadoya/review?gm

自社公式サイトからの予約システムをリニューアル!
いい旅プランでは「甲羅みそ」や「茹でがに」をぜひ追加料理にてお申し込み下さい!
(追加料理は事前予約でお願いします)

冬の「松葉ガニプラン」の予約は以下よりどうぞ。

・ぷりっぷり食感☆活柴山かにの刺身付!“いい旅プラン 基本P”<香住>☆他プランは追加料理で

・一度はしたかった贅沢!妻と温泉に入ってエエ蟹食べたい☆夫婦水入らずの口福旅☆特選番がにプラン”基本”☆追加料理でフルコースに変更可

※プラン変更は予約時フォームにて、オプション機能のアップグレードで行えます。

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします