台風、大雨、大寒波による大雪等、災害が懸念される警報時の予約、宿泊の見極めについて当館の考え方

おはようございます。民宿美味し宿かどやのガクです。

先日の台風9号、10号、九州直撃でしかも超大型ということでとても心配していました。事前の警戒予報もあり、台風の規模で考えると最低限の被害で済んだのかもしれませんが、やはり人的被害は九州方面でありました。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

幸い、当館のある東山陰地域では災害や避難指示が発生することはありませんでした。

今回は九州地方においても、事前に自宅ではなくホテルに宿泊することで安心安全な非難をされた方も多かったようです。

避難所だと密になる可能性もありますし、今ならGoTo割もありますので賢明な判断をされた方も多かったようです。

さて、そんな中、逆にレジャー旅行の場合は中止にされた方も多かったと思います。当館では台風や水害でキャンセルの懸念が生じることは滅多にありませんが、大雪を伴う大寒波でのキャンセル検討は1、2月あたりに例年起こり得ることです。

もちろん、以前に豊岡水害なども起こりましたので、台風や水害も他人事ではありません。このような災害級の警報が発令する可能性がある場合の当館としての考え方を今日は当ブログに記しておきます。


今回、当館もJR下り線に若干の影響が出ました

近年、災害級の気象予報は1週間前にはわかる

まず、大型の台風が発生した、恐ろしいほどの雨量が予想される、大寒波がやってくる等、最近は3日以上前から予想されています。(気象庁から発表がある)

例えば、今回の台風10号に関していえば、警戒すべき日が9月6日&7日でした。それに対し、


9月2日の時点で気象庁から発表があった

台風第10号に早めの備えを!(9月2日)[PDF形式:1.73MB]

4、5日前にはオフィシャルで警戒情報が出ていたわけです。

これは冬の寒波の時なども同じです。また、この情報に伴い、前日か前々日にはJR等の公共交通機関が運転見合わせを早期に発表することが一般的になりました。


2017年、18年2月は大寒波で
JRの運転休止が比較的早く発表された

公共の交通機関が運休になった場合、当館ではキャンセル料なしでのキャンセルは可能です。ただし、当館としてもできれば当日ではなく早め、遅くとも前日には宿泊の可否をお決めいただきたいのが正直なところです。

当館の対応

まず、当館ではこのような警報クラスの気象予報が出た時には、3日前ぐらいにお電話、またはメールでお客様にご相談させていただきます。その際、前日の○時までならば今回キャンセル料無料でキャンセル可能です、との期限猶予を提案させていただきます。

特に問題のない気象予報に変わった場合はその旨の連絡を。3日前の連絡でお返事が特になかった、あるいは電話がつながらなかった場合で、予報の通り厳しい状況となってきた場合は、前日に確認のお電話をさせていただきます。

まずは、連絡が取りあえることが重要です!こちらからの前日電話に対応できない場合は、できる限りメールのお返事をいただくか、事前にご相談のお電話をいただけたら幸いです。

以上、有事の予報が出た際には事前の連絡をさせていただく可能性がある旨、ご承知下さい。

なお、有事の際は前日でもキャンセル料無料になる場合がありますが、当日キャンセルは前日までのお打ち合わせの上、「当日の朝まで様子を見ましょう」となった場合のみとなります。打ち合わせもお互いの連絡の取り合いもなく「当日キャンセル=キャンセル料無料」とはなりませんのでご注意下さい。

また、宿泊予約サイトなどで予約された場合、お客様側からキャンセルをするとキャンセル料が発生してしまう場合がございます。当館側からキャンセル料ゼロで処理させていただく場合は、事前の打ち合わせが必要となります。繰り返しますが、事前のご相談、話し合いが重要となります。よろしくお願いします。

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします