「 旅の楽しみ方 」一覧

安全な旅行までも自粛しないでぜひお越し下さい〜当館から改めてカニ旅行のご提案

安全な旅行までも自粛しないでぜひお越し下さい〜当館から改めてカニ旅行のご提案

あくまで当館からの提案になりますが、安全な旅行までも自粛しないでほしいなと思います。3月末で松葉ガニプランは終了となりますが、4、5月はまだ香住ガニプランがあります。春のカニ旅行、GWも含めあきらめずにぜひご検討下さいね。

記事を読む

宿泊予約サイトのクチコミ、お客様の声はいつ宿泊した誰の投稿か宿側でわかるようになっている

宿泊予約サイトのクチコミ、お客様の声はいつ宿泊した誰の投稿か宿側でわかるようになっている

Googleや食べログ等は匿名投稿が可能ですので、誰が投稿したのかはわかりません。しかし、宿泊予約サイトのクチコミ・お客様の声は、実際に利用された方の投稿であると同時に、投稿した瞬間に宿泊履歴に紐づいて宿側では確認ができるのです。

記事を読む

旅館のタオルは持って帰っても良いが、ホテルのタオルは持って帰ってはいけない

旅館のタオルは持って帰っても良いが、ホテルのタオルは持って帰ってはいけない

ロゴ入りタオルですので旅の思い出にお持ち帰りいただけたらと思います。旅館側のこのルールに照らし合わせてしまうと、ホテルでタオルを持って帰られる方が出てしまうのも仕方ないのかもしれません。

記事を読む

ホテルや旅館でクレジットカード払いをする際は一括のみ、分割払いはできません!

ホテルや旅館でクレジットカード払いをする際は一括のみ、分割払いはできません!

クレジットカードでの支払いであまり知られていないこと。宿泊料金は分割払いできません。一括のみです。一般的に分割払いができるのはモノを購入した時です。サービス業種での支払いは原則分割払いが許可されていません。旅館とかでお土産を買う際でも宿が旅館業としての登録だと分割払い不可です。

記事を読む

ご予約時、携帯電話の番号をお知らせいただけると大変助かります

ご予約時、携帯電話の番号をお知らせいただけると大変助かります

例えば大雪で、今回のような落石で列車が豊岡や城崎温泉でストップしてしまった、お迎えに行くとなった時でも、こちらから連絡を取ることができません。強制ではありませんが、ご予約時に携帯番号を教えておいていただくことは、お互いに助かることになろうかと思います。万が一のトラブル時の対応のため、ぜひよろしくお願いします。

記事を読む

オネショで旅館の布団を濡らしてしまった時のクリーニング代問題を再びリライトした理由

オネショで旅館の布団を濡らしてしまった時のクリーニング代問題を再びリライトした理由

近年、宿泊施設過多により、宿泊価格の安売りが行われています。そんな状況下ですから、旅館保険に入っていない宿はたくさんあります。オネショの際にクリーニング代を請求される宿の方が多いかもしれないことを知っておいていただきたいと思います。

記事を読む

但馬海岸を列車で旅するのは、電車ではなく気動車であることに価値がある!

但馬海岸を列車で旅するのは、電車ではなく気動車であることに価値がある!

自分が地元で当たり前のように乗っている列車は電車ではなく気動車である。こんな気づきをふとNHKの朝の番組から気づくことができました。大阪駅を出て、城崎温泉で途中下車。最後は浜坂駅まで、という乗車レポートだったのですが、途中でトワイライトエクスプレス瑞風とすれ違う場所としてJR佐津駅が登場します!!

記事を読む

お電話にてご予約いただいたお客様には直前に最終確認電話をこちらからさせていただく場合があります!

お電話にてご予約いただいたお客様には直前に最終確認電話をこちらからさせていただく場合があります!

お電話で予約をいただいた場合も実は明確なルール決めをさせていただいております。まず、過去に宿泊帳を書いていただいたことのあるリピーターさんはお電話での予約を承っております。新規のお客様の電話予約は、番号非通知の場合はお受けできませんのでご注意下さい。また、直前に最終の確認電話をこちらからさせていただく場合もございます。

記事を読む

10室以下の旅館と100室以上の大型旅館の違い、高級旅館と民宿の違いについて思うこと

10室以下の旅館と100室以上の大型旅館の違い、高級旅館と民宿の違いについて思うこと

100室ある設備の充実した大型旅館と10室までの隠れ家的な小規模旅館。10室以下の小さな宿でも高級旅館もあれば当館のような民宿もあります。ミスマッチはお互いが不幸になります。当館は比較的口コミで高評価を頂いていますが、あくまで民宿としての評価であって、高級旅館のような設備やアメニティが整っているわけではございません。

記事を読む

冬休みに入りました!普段の週末同様お子様連れのお客様が多くなります!

冬休みに入りました!普段の週末同様お子様連れのお客様が多くなります!

最近ではお子様不可の宿、カップル専門の宿、といったところも増えていますが、当館では、平日がカップルさん中心、週末及び春・夏・冬休み期間中はお子様連れが多い宿であるという認識をお持ちいただけたらと思います。週末及び年末年始に静かな宿をご希望のお客様、ご期待に添えられない場合もあります旨、ご了承下さい。

記事を読む