2018年1月度のかどやブログアクセスベスト3は冬季対策関連の記事ばかりでした!

2018年1月度のかどやブログアクセスベスト3は冬季対策関連の記事ばかりでした!

かどやの宿ブログ2018年1月度アクセス数についてお話ししましたが、その中で特にアクセスの多かった記事もチェックしてみました。1か月単月でベスト3です。3記事とも、冬季カニシーズンにお車でお越しの方向けのお話に集中した結果となりました。

記事を読む

【感謝】本日この記事の投稿で民宿かどやブログ2000記事到達しました

【感謝】本日この記事の投稿で民宿かどやブログ2000記事到達しました

今日のこの投稿で、キリ番2000記事目を達成することが出来ました!かどやに、香住に、カニ旅行にお越しの方にとって役立つ情報とは、知っていていただくことでより楽しい旅行にしていただけるお話はどんな内容なのか。それを私の視点、私らしい文章でこれからもお伝えしたい。

記事を読む

大雪後の快晴の朝、放射冷却による凍結に注意!!

大雪後の快晴の朝、放射冷却による凍結に注意!!

大雪を降らせた雪雲が去り、好天に恵まれた昨日。お天気は良かったのですが放射冷却で、至るところで氷点下、水道も道も凍結しまくりの朝となりました!凍結路は車だけの問題ではありません。歩行者にとっても気を付けなければならない問題なのです。特に最近はクロックス等プラスチック系の靴が多いです。

記事を読む

香住積雪88cmというのは記録的なことで滅多にあることではありません!

香住積雪88cmというのは記録的なことで滅多にあることではありません!

私自身、こんなに雪かきをしたのは何年ぶりでしょう。今年のように12月にも積雪があり、今週と先週2週続けて、ということはこれまでありませんでした。普通は2月の雪は内陸部に良く降る傾向があり、海沿いでこんなに降ることはほとんどありませんでした。今年は例外です。

記事を読む

今週は京丹後、竹野、香住、浜坂だけ異常にたくさん降りました・・・

今週は京丹後、竹野、香住、浜坂だけ異常にたくさん降りました・・・

先週海沿いに大雪をもたらした雪雲ですが、今週は北陸で猛威を振るったようです。そしてほぼ同時にこちらの方にも・・・どうやら降っているのは海沿いだけ。しかも、丹後半島から兵庫県北部(竹野・香住・浜坂)辺りだけに集中的に大雪をもたらしました。

記事を読む

東シナ海のタンカー事故が日本海に影響を及ぼす?!~事故一報を聞いて感じたこと

東シナ海のタンカー事故が日本海に影響を及ぼす?!~事故一報を聞いて感じたこと

東シナ海、奄美大島沖で石油流出事故が起こった時に私が考えたこと。「カニがなければ、香住のブランドがなければ誰もお客様の来ない宿にならないようにしたい」ということです。海の幸が3年間獲れないとなり、3年間の休業を余儀なくされた際に、再開時にまた再びお客様がお越し下さる宿になれるか。

記事を読む

フロントガラスの凍結には10分の暖気を「凍結、マジハンパないって」を動画に収めてみました(笑)

フロントガラスの凍結には10分の暖気を「凍結、マジハンパないって」を動画に収めてみました(笑)

凍結が起こった際にお車でお越しに方にも注意点があります。フロントガラスの凍結です。私もうっかり、お客様の送迎直前に気づき、慌てて人力でフロントガラスの凍結をはがしました。滞在中のお客様にはお話させて頂き、出発10分前から暖気していただくことで、フロントガラスの凍結は簡単にはがれました。

記事を読む

凍結した路面は車だけでなく歩行者も要注意!!~凍結路面でこけない、滑らない5つのコツ

凍結した路面は車だけでなく歩行者も要注意!!~凍結路面でこけない、滑らない5つのコツ

雪道をザクザクあるかなくて済む、雪かきをしなくて済む、と思った昨日。なかなかの凍結ぶりで、ヒヤヒヤ歩行しなければならない朝となりました。普通に歩くとツルン!!と滑ってしまいます。足元に重心を下げ、緊張した歩き方をしないといけません。凍結路面の確実な歩き方。5つピックアップしてみました。

記事を読む

明日から寒気団に覆われます!天気予報及び交通情報にご注意下さい。

明日から寒気団に覆われます!天気予報及び交通情報にご注意下さい。

2月5日から7日までの間、今シーズン最大の寒気団がやってくる予報です。JRでお越しのお客様は、運休の可能性もございます。今回の寒波は去年2月中旬に5日間列車が運休した時と同じレベルの寒波になります。お車の方は運転が大丈夫かどうかはお客様の運転スキル、経験によって異なり、当方では判断できません。各自でご判断下さい。

記事を読む

大雪が心配。交通機関への影響はどうなる?そんな時は「寒気団予想」が目安になります

大雪が心配。交通機関への影響はどうなる?そんな時は「寒気団予想」が目安になります

大型の寒気団がやってくるのを確認することで、過去の体験から、降雪や積雪、交通機関のやばいレベルとやばくないレベルは段々とわかるようになってきました。マイナス36度寒気団が来た時に交通機関が乱れたことが多いです。もちろん、マイナス30度の寒気団も手ごわいです。いずれにせよ、この寒気団の推移を目安にする、というのは知っておくと良いです。

記事を読む