JR佐津駅から佐津民宿街&佐津海水浴場は駅を出て右へ真っすぐです!☆看板故障中

JR佐津駅から佐津民宿街&佐津海水浴場は駅を出て右へ真っすぐです!☆看板故障中

実は、佐津駅にある佐津の民宿案内看板ですが、一部がはがれてしまいました!!このはがれている部分。ちょうどJR佐津駅のある部分なのです。実は先日、お客様がこの看板を見て東西を全く逆に判断。柴山側へ歩いて行かれてしまったんですね。

記事を読む

大雪警報クラスの寒波が来る場合は前日キャンセルでもキャンセル料はいただきません!

大雪警報クラスの寒波が来る場合は前日キャンセルでもキャンセル料はいただきません!

大雪で果たして列車が動くか否か。道路状況が大丈夫か。厳しそうな場合は、前日判断に限り、キャンセル料無料でキャンセル可とさせて頂いております。ご注意いただきたいのは前日のキャンセルに限り、です。当日判断の場合は当方も食材、スタッフの人員確保をした後になりますのでキャンセル料が発生します。

記事を読む

但馬の2018年漁獲高からどういったことが読み取れるか?カニの価格は今後どうなる?

但馬の2018年漁獲高からどういったことが読み取れるか?カニの価格は今後どうなる?

松葉ガニもベニズワイガニも水揚げ量は減っていますが漁獲金額は増加という傾向は変わらないように思います。価格動向は今後もしっかりチェックして行きたいと思いますし、以前もお話ししましたが、県水産事務所の今後の見込みも一度お聞きしたいなぁと思いました。

記事を読む

大雪で積もっていなくても、雪用の靴(ブーツや長靴)がお勧めです!

大雪で積もっていなくても、雪用の靴(ブーツや長靴)がお勧めです!

靴濡れ対策として、雪よりも消雪水に注意。その為、長靴やブーツをお勧めしています。勿論、城崎温泉だけでなく、佐津集落もJR佐津駅からかどや前まで、消雪水が設置されています。ご注意下さいね。

記事を読む

玄武洞ミュージアムショップ&菓子工房♪(RESTAURANT&CAFEGENBUDO)

玄武洞ミュージアムショップ&菓子工房♪(RESTAURANT&CAFEGENBUDO)

玄武洞ミュージアムにはこちらもリニューアルで併設されている「玄武洞ミュージアムショップ&菓子工房」があります。玄武洞ミュージアムショップ&菓子工房。ザックリ言うとお土産屋さんと飲食店さんです。といっても、リニューアルしてとてもオシャレ!!

記事を読む

お天気が悪くても安心!リニューアルした「玄武洞ミュージアム」に行って来ました!

お天気が悪くても安心!リニューアルした「玄武洞ミュージアム」に行って来ました!

今回ご紹介するのは一昨年末にできたばかりの玄武洞ミュージアム。有料のミュージアムですので、アカデミックな展示が多いです。玄武洞にあるということで、玄武洞の成り立ちやその他様々な岩石展示もあり、うんちくも詳しいです。

記事を読む

「ヘシコ」は日本海側共通の郷土料理。香住産ヘシコは豊岡市のTOTOMAさんで買うのが便利です!

「ヘシコ」は日本海側共通の郷土料理。香住産ヘシコは豊岡市のTOTOMAさんで買うのが便利です!

香住のお土産で人気森廣(もりひろ)の「ヘシコ」は香住に行かなくても買える場所があります。我々佐津の住民、もしくは佐津集落へいらしたお客様が立ち寄るには非常に便利な場所、豊岡市内178号線沿いに森廣さんの直営店TOTOMA(ととま)さんです。

記事を読む

話題沸騰中?!ババダラはタナカゲンゲ、キツネゲンゲ、ババァ、ババチャン、色々な呼び名があります!

話題沸騰中?!ババダラはタナカゲンゲ、キツネゲンゲ、ババァ、ババチャン、色々な呼び名があります!

タナカゲンゲは真鱈に味(食感)が似ている理由と、見た目から「キツネダラ」「ババダラ」とも呼ばれています。決して鱈の仲間というわけではありません。更には「ババダラ」の「ババ」が独り歩きして?!「ババちゃん」「ババァ」と呼ばれることも。

記事を読む

4月~10月のご予約においてお子様料金に端数が出ることをご了承下さい

4月~10月のご予約においてお子様料金に端数が出ることをご了承下さい

4,5月と9,10月が香住ガニプランをお出ししている当館の場合、4,5,9月と10月で消費税分料金を変えなくればならなくなりました。春のプランがたくさん入りだして、消費税8%の面倒くささを知ってしまいました(笑)。実はお子様料金、大人の70%としている小学生料金だとかなり細かい数字になってしまうのです。

記事を読む

ホタルイカ漁スタート!底もんのお魚がスーパーに並び始めました♪

ホタルイカ漁スタート!底もんのお魚がスーパーに並び始めました♪

ホタルイカがお店に並び始めました。松葉ガニと同じ底引き網漁船で水揚げされます。同様に、底引網で水揚げされる、いわゆる『底もん』と言われる魚介類がたくさん店頭に並んでいました。

記事を読む