男湯&女湯それぞれを貸切でご利用いただくのは7月17日までとさせていただきます

男湯&女湯それぞれを貸切でご利用いただくのは7月17日までとさせていただきます

6月からの営業再開に伴い、男湯・女湯をそれぞれ貸切でご利用いただいていました。貸切でのご利用は7月17日(金)までとさせていただきます。7月18日(土)以降は平常通り、男湯、女湯それぞれを貸切とはいたしません。変わって、貸切でのご入浴をご希望される場合は、貸切露天風呂をご利用いただく形となります。

記事を読む

「香住丼」の中でも佐津地域限定名物、今年もシメの「イカ丼」が好評です♪

「香住丼」の中でも佐津地域限定名物、今年もシメの「イカ丼」が好評です♪

今年も民宿かどやの活イカプランのシメのご飯は「イカ丼」になります!当館のイカ丼はイカの刺身に山芋を加え、特別なだし醤油をかけます。卵を1個まるまる使ってしまうと、卵の味が勝ってしまうので、ウズラの卵を使用しています。

記事を読む

活イカ、4名様の場合は大1ぱいの場合と中2はいの場合があります

活イカ、4名様の場合は大1ぱいの場合と中2はいの場合があります

活イカですが、ザックリ大きさが3段階であります。中小・中・大です。当館では中小1ぱい2名様、中1ぱい3名様、大1ぱい4名様、目安としています。ただ、これからシーズンに入ってくると活イカ需要が高まり、大サイズがどうしても品薄になります。そこで当館では4名様の場合、中小2はいで対応させていただく場合もございます。

記事を読む

7月1日に海開きご神事を行いましたが、海水浴場監視所の開設は7月18日からとなります。

7月1日に海開きご神事を行いましたが、海水浴場監視所の開設は7月18日からとなります。

佐津海水浴場で開催されたご神事により、7月1日から海水浴OK?みたいな感じでお問い合わせもいただきましたが、いわゆる海水浴場の開設は7月18日よりとなります。警察、海上保安庁、消防等関係省庁には7月18日から開設の胸の届け出をしていて、この日から監視所が設営されます。

記事を読む

ニュースレター2020summerかどや通信vol.8が完成しました!

ニュースレター2020summerかどや通信vol.8が完成しました!

毎年春と秋に刊行しているニュースレター「かどや通信」。今年はコロナ禍の影響もあり、春号を少し遅らせていただき、夏号として刊行させていただきました。

記事を読む

豊岡市のコウノトリ育むお米で作られた泡盛「幸鸛舞」

豊岡市のコウノトリ育むお米で作られた泡盛「幸鸛舞」

豊岡市日高町にあるスーパー「ガンピー穀物倉庫」さんにてユニークなお酒を発見しました。沖縄のお酒、泡盛「幸鸛舞」(こうのとりまい)です。泡盛ですので、当然ながら沖縄のお酒です。製造元も沖縄県内です。でも、使われているお米がなんと、但馬産、豊岡産の「コウノトリ育むお米」なのです!

記事を読む

2020年今シーズンの佐津海水浴場はイカダの設置、スーパーマーブルの運行はありません!

2020年今シーズンの佐津海水浴場はイカダの設置、スーパーマーブルの運行はありません!

例年、海水浴シーズンに設置しているイカダとスーパーマーブルですが、今シーズンは設置及び運行を行いません。アクティビティがないということは、ボートのエンジン音もしない、静かな海を楽しめます。元々穴場ビーチでもあり、全長700mもあります。三密を避け、自然を満喫できるロケーションをお楽しみ下さい。

記事を読む

令和2年の佐津海水浴場での海開き、新聞・TVに取り上げていただきました!

令和2年の佐津海水浴場での海開き、新聞・TVに取り上げていただきました!

おはようございます。民宿美味し宿かどやのガクです。 昨日、佐津海水浴場において開催した香住の海水浴場の海開きのご報告をさせていただきま...

記事を読む

昨日、香住海岸内の海水浴場の安全祈願ご神事を佐津海水浴場にて行いました

昨日、香住海岸内の海水浴場の安全祈願ご神事を佐津海水浴場にて行いました

毎年、イベントとして7月1日に開催していた香住の海水浴場のご神事ですが、令和2年の今年は安全祈願のみ佐津海水浴場で行いました。香美町(香住区)の海水浴場は5つあるうちの3つの海水浴場が今年開設します。(2つは休業)そんな中、ご神事の当番は今年、我が地元佐津海水浴場でした。

記事を読む

BYO(Bring your own)ワイン・冷酒の持ち込みについて(持ち込み料)

BYO(Bring your own)ワイン・冷酒の持ち込みについて(持ち込み料)

BYOの試みは「たくさん飲む」ということを想定しているのではなく、「記念日に特別なお酒を用意したい」「美味しいお料理にどうしてもお気に入りのお酒を合わせたい」といったお客様のご要望に対してお応えするものです。お客様にとっても明文化されている方がスッキリするのではないか。ということで今回ブログにて書かせていただきました。

記事を読む