玄武洞ミュージアムショップ&菓子工房♪(RESTAURANT&CAFEGENBUDO)

NEW 玄武洞ミュージアムショップ&菓子工房♪(RESTAURANT&CAFEGENBUDO)

玄武洞ミュージアムにはこちらもリニューアルで併設されている「玄武洞ミュージアムショップ&菓子工房」があります。玄武洞ミュージアムショップ&菓子工房。ザックリ言うとお土産屋さんと飲食店さんです。といっても、リニューアルしてとてもオシャレ!!

記事を読む

お天気が悪くても安心!リニューアルした「玄武洞ミュージアム」に行って来ました!

お天気が悪くても安心!リニューアルした「玄武洞ミュージアム」に行って来ました!

今回ご紹介するのは一昨年末にできたばかりの玄武洞ミュージアム。有料のミュージアムですので、アカデミックな展示が多いです。玄武洞にあるということで、玄武洞の成り立ちやその他様々な岩石展示もあり、うんちくも詳しいです。

記事を読む

「ヘシコ」は日本海側共通の郷土料理。香住産ヘシコは豊岡市のTOTOMAさんで買うのが便利です!

「ヘシコ」は日本海側共通の郷土料理。香住産ヘシコは豊岡市のTOTOMAさんで買うのが便利です!

香住のお土産で人気森廣(もりひろ)の「ヘシコ」は香住に行かなくても買える場所があります。我々佐津の住民、もしくは佐津集落へいらしたお客様が立ち寄るには非常に便利な場所、豊岡市内178号線沿いに森廣さんの直営店TOTOMA(ととま)さんです。

記事を読む

話題沸騰中?!ババダラはタナカゲンゲ、キツネゲンゲ、ババァ、ババチャン、色々な呼び名があります!

話題沸騰中?!ババダラはタナカゲンゲ、キツネゲンゲ、ババァ、ババチャン、色々な呼び名があります!

タナカゲンゲは真鱈に味(食感)が似ている理由と、見た目から「キツネダラ」「ババダラ」とも呼ばれています。決して鱈の仲間というわけではありません。更には「ババダラ」の「ババ」が独り歩きして?!「ババちゃん」「ババァ」と呼ばれることも。

記事を読む

4月~10月のご予約においてお子様料金に端数が出ることをご了承下さい

4月~10月のご予約においてお子様料金に端数が出ることをご了承下さい

4,5月と9,10月が香住ガニプランをお出ししている当館の場合、4,5,9月と10月で消費税分料金を変えなくればならなくなりました。春のプランがたくさん入りだして、消費税8%の面倒くささを知ってしまいました(笑)。実はお子様料金、大人の70%としている小学生料金だとかなり細かい数字になってしまうのです。

記事を読む

ホタルイカ漁スタート!底もんのお魚がスーパーに並び始めました♪

ホタルイカ漁スタート!底もんのお魚がスーパーに並び始めました♪

ホタルイカがお店に並び始めました。松葉ガニと同じ底引き網漁船で水揚げされます。同様に、底引網で水揚げされる、いわゆる『底もん』と言われる魚介類がたくさん店頭に並んでいました。

記事を読む

松葉ガニ日帰りプラン休止について「他の宿も全て休止されてますか?」というお問い合わせを多く頂いております

松葉ガニ日帰りプラン休止について「他の宿も全て休止されてますか?」というお問い合わせを多く頂いております

今シーズンは松葉ガニ日帰り昼食を終了した旨をお伝えした際、よく聞かれるのがそれはそちらの地域全体でのお話ですか?どこのお宿さん、お店も終了されているのですか?という問い合わせをいただきます。結論から言うと日帰りを中止している宿・店舗さんは少ないです。3月末まで実施されている宿・店舗さんはあります。

記事を読む

こんなにお天気の良い朝の続く冬、日本海側では珍しい

こんなにお天気の良い朝の続く冬、日本海側では珍しい

この1週間、お天気の良い朝を迎える日が多いです。 昨日の朝も・・・ 青空が出ていた2019年1月14日の朝 日本海側の...

記事を読む

3年後に松葉ガニの水揚げ量が半分に?!そのために今からできることってなんだろうか?

3年後に松葉ガニの水揚げ量が半分に?!そのために今からできることってなんだろうか?

3年後、日本海全体においてズワイガニ半減の予測はかなり正しい数字である。但し、その根拠とかを今一度しっかり説明を受けたいな、と私は思っています。県の研究所と漁業関係者だけで把握していて良い問題なのか。

記事を読む

漁獲制限下における3月末までの松葉ガニプラン、通常通りお出しできる予定です

漁獲制限下における3月末までの松葉ガニプラン、通常通りお出しできる予定です

3月末まで松葉ガニプランの提供はいたしますのでご安心下さい。但し、日帰り昼食プランは今シーズンの受付は終了ということでご了承下さい。年が明けて10日以上経ちますが、まだ年末相場のままカニの価格が落ちません。ひょっとしたらカニの価格は年末相場の高値のままで3月まで行くかもしれない。現時点ではそんな覚悟もしています。

記事を読む