香住の佐津といえばここ、という写真、構図を紹介します〜貝殻島

まちの話

先日、うちの奥さんが城崎温泉のインスタグラムをあげました。

この写真、城崎温泉を真っ先にイメージする写真、構図なんでしょうね。

ふと思ったんです。

香住の、佐津の写真、構図でランドマークになるような場所ってどこなのかなーって。

 

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです。

エピソードを一つ思い出しました。

以前、夏にスキューバダイビングの講習を開催した時です。

海洋実習を佐津海水浴場で行いました。


急に深くなる佐津浜はダイビングにぴったり

海に来た途端、

「あーー!ここの海、来たことがある!!」

ってお客様が叫ばれたのです。

お客様は20代の男性。

出身地は丹波篠山。

実は、丹波篠山地方の小学5年生の児童たちは、ここ佐津の集落で4泊5日(現在は3泊4日)の自然学校を20年以上前から実施しているのです。


私もスノーケリングでお手伝いしています!

ダイビング講習を受けた彼も、小学5年生で訪れた自然学校でのことを思い出したそうなのです。

ちなみに、なぜ彼が海に出た瞬間に思い出したのか。


この沖にある島の形を見てでした

そうなんです。

貝殻島

のインパクトある形を見て、自分が過去にここを訪れたことを思い出されたのです。

ということは、「貝殻島」の形って多くの人の心に残る形なんですよね。

実際私も、列車で旅に出た時。都会で一人暮らしをしていた時に列車で帰省してきた時。

佐津駅に到着する直前、安木浜越しにこの貝殻島が見える瞬間があります。


三角形の並んだ独特の形

この形を見ると「帰ってきた」というホッとした気持ちになるんですよね。

最初の城崎温泉の話に戻りますが、特定の風景がこの地を思い出してくれるという場所が佐津にもある。佐津の場合は「貝殻島」がそれに当たるんだなぁと思うわけなんです。

佐津にいらしたらぜひ、海岸をお散歩して、美しい700mの海岸とともにこの島の形を脳裏に残していただきたいと思います。

******************************************************

民宿かどやプラン一覧はこちら

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

※民宿かどやの電話番号となります。記事中に登場するお店、イベントの問い合わせ先ではありませんのでご注意下さい。

タイトルとURLをコピーしました