お天気が悪くても安心!リニューアルした「玄武洞ミュージアム」に行って来ました!

今年は雪が積もらない!降らない!

とは言っても、やっぱり雨の日もあります。

冬の日本海側は雲が多いです。

先日、青空が見える日が今年は多いって話をしましたけどね。
↓↓↓
こんなにお天気の良い朝の続く冬、日本海側では珍しい

このパターンはホント、レアケースということで。

やっぱりお天気悪い日もあります。

そんな日は観光でどこに行けばよいか。

また一つ、雨の日でもお勧めの場所をご紹介させていただきますね。


今日は玄武洞のお話です!!

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです!!

え?!玄武洞??

あそこって雨が降っていたら厳しいんじゃないの??!

確かにそれは否定しません。

今回ご紹介するのは一昨年末にできたばかりの玄武洞ミュージアムの方です。


玄武洞ミュージアム

有料のミュージアムですので、アカデミックな展示が多いです。玄武洞にあるということで、玄武洞の成り立ちやその他様々な岩石展示もあり、うんちくも詳しいです。

改めて私も学べたのですが、但馬地方(北兵庫)は鉱山が盛んな場所だったんですね。将来ここで、玄武洞の玄さんと生野銀山の銀山ボーイズとのコラボイベントもありそうですね(笑)。

皆さん、知ってましたか?

玄武岩という石。実は玄武洞にある石だから玄武岩という名称がついたのです。


玄武洞の命名は江戸時代の1807年


玄武岩の命名は明治時代の1884年

玄武岩が多いから玄武洞という名前がつけられたのではなく、玄武洞に多い岩だから玄武岩という名がついた。これ、地元民としては名誉というか、何か嬉しいですね♪

そうそう。上記のように写真の撮影は自由なミュージアムです。


写真撮影OKです!!

先ほどアカデミックと言いましたが、お子様連れでもお子さんが喜びそうな恐竜の骨格標本や化石も展示されていました。


昔この辺にいたとされるアジアゾウ

そう言えば、当地香住では象の足跡化石が見つかっています。どんな象か、何という象かを深く調べたことはありませんでした。


今回、知ることが出来ました!!

2階に上がってみると。

これ、子供たちに大人気なやつですよね!!


ティラノザウルスです!!

このすぐ下に・・・


恐竜のウンコ化石が・・・
いや、「記念撮影スポット」マークが!

標識に従って写真を撮って楽しむのも良いと思います!!

まだできたばかりで館内もキレイ。

カバンのまち豊岡ならでは、籠編み体験もできるみたいですよ!


カバンの歴史を学べるコーナーもあります!

冬の、雨の立ち寄り先としてぜひどうぞ!

玄武洞ミュージアム
兵庫県豊岡市赤石1362
TEL:0796-23-3821
営業時間9:00~17:00
休館日:水曜日

******************************************************

ゴールデンウイークの予約もスタート!

民宿かどやプラン一覧はこちら


空室検索をクリック!

申し訳ありません!!
今シーズンの日帰り昼食のご予約は休止いたします。

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

兵庫県美方郡香美町香住区訓谷319
↑↑↑
スマートフォンから住所を
タップするとGoogleマップが開きます

道路情報はコチラ!
バナーをクリックすればリンク先に飛びます!
↓↓↓↓

http://www.tajima-yuki2.jp/

リアルタイム情報ですので信頼のおける情報です。

次の寒波は1月末っぽい?!

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします