豊岡市のコウノトリ育むお米で作られた泡盛「幸鸛舞」

おはようございます。民宿美味し宿かどやのガクです。

先日、豊岡市日高町にあるスーパー「ガンピー穀物倉庫」さんにてユニークなお酒を発見しました。沖縄のお酒、泡盛なのですが・・・


泡盛「幸鸛舞」(こうのとりまい)

泡盛ですので、当然ながら沖縄のお酒です。製造元も沖縄県内です。


パッケージにある石川酒造場産の説明

でも、使われているお米がなんと、但馬産、豊岡産の「コウノトリ育むお米」なのです!

コウノトリ育むお米とは?

コウノトリが大空を舞う但馬。「コウノトリ育むお米」は、カエルやドジョウなど、コウノトリのエサとなる生き物が育つ環境づくりに取り組み、コウノトリの野生復帰を支える「コウノトリ育む農法」で栽培・収穫されています。できる限り自然のままを追求した安全・安心の田んぼで、生産者が愛情を注いだ人と自然に優しいお米です。

JAたじま公式Webサイトより


パッケージに書かれている詳細説明

泡盛は基本タイ米を使用しますので、国産米を使うのは珍しいです。(決して安価にするためではなく、タイ米の方が泡盛との相性が良いから、だそうです)

なぜ、泡盛にわざわざ「コウノトリ育むお米」が使われているのか。実は、コウノトリ育むお米の消費量が日本で最も多いのは沖縄県なのです。沖縄県内に数多くあるスーパーチェーン店の「サンエー」さんがコウノトリの野生復帰の理念と取り組みに共感され、積極的に販売してくれているためです。


沖縄のサンエーさんにて

以前書いたブログ(沖縄旅行記)より↓↓↓
沖縄で見つけた但馬、豊岡、コウノトリ・・・。

そんな但馬と沖縄のつながりが生んだ泡盛「幸鸛舞」です。

ちなみに先に紹介したガンピー穀物倉庫さんは北近畿豊岡自動車道の日高神鍋高原ICを降りて比較的近い位置(しかも、城崎温泉や竹野、香住へ向かう道中)にあります。

今回紹介した泡盛以外にも地元産のお酒や野菜、その他様々な飲食物が販売されていますので、おみやげ屋さんに立ち寄る感じで訪れてみるのもオススメです。

あ、ちなみに泡盛「幸鸛舞」ですが、まろやかで飲みやすい味のお酒でした。オススメですよ!!

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします