生の松葉ガニを購入するには宿やお土産屋さんと仲良くなろう!

おはようございます。民宿美味し宿かどやのGakuです。今日から寒波がやってきます。天気予報でも兵庫県北部地方に雪マークが。雨雲(雪雲)は夕方あたりに大きくかかってくる予報になっています。

1217朝の佐津集落現在、佐津集落では雪は降っていません

山沿いでは雪が積もるかもしれませんね。ご注意ください。

さて、今日は久しぶりにカニのお話を。よくお客様に

「活きた松葉ガニをお土産に買って帰りたいんですけど、かどやさんで買って送ってもらえませんか?」

もしくは

「買えるお店を紹介してもらえませんか?」

と聞かれます。

活ガニ活ガニをお土産に・・・

生の松葉ガニ、生きた松葉ガニのことを地元では活ガニ(かつがに・いけがに)と呼んでいます。

お客様の予算、どんな目的で購入されるかによってオススメが難しいので、最近では信用のおけるお店を紹介しています。ただし、基本私もよほどお客様が欲しい、いくらでも良い、と言われないと手配や紹介はさせていただいていません。特に12月からお正月明けぐらいまでは価格変動が難しく、購入者と売り手側によほどの関係性がないとトラブルになる可能性があるからです。

感謝される商い(あきない)をしたい

まずは売り手側の立場からお話させていただきますね。売り手としては買っていただいた方に喜んでもらいたい、という気持ちが強くあります。当たり前ですが、クレームは受けたくはありません。12月は11月に比べてカニが高騰する時期。今年は特にその高騰度合いが激しく、11月末には私たちの感覚で仕入れが5千円前後のカニが1万円近くにまでなった時もありました。

番がにどーんと迫力のある番がにクラスだと
現在2万円ぐらいから

去年1万円で買ったカニが今年は2万円。残念ながらそんな風なことが当たり前に起こっています。更にはシケが続くと良いカニを確保するのも今年は大変。

隠しても仕方ないので・・・
↓↓↓日本海新聞より今年の高騰はハンパないです!!
(日本海新聞さんより)

記事にもありますように今年は買い付け価格が2倍、ということが当たり前に起こっています。売る側としては自分が高くで売っているだけじゃないかって思われるのは不本意なんですね。なので、

売り手と買い手の関係性が重要

なんです。

今はこれぐらい高いですよ、それって今買わないといけないですか?1ヶ月後なら今より安いですよ、と本音で話ができる関係性でないと活ガニのやりとりは難しいのです。

指落ちのカニで良いので、手に入りませんか?

「お土産ではなく、自分で食べる分です。指落ちで良いので手に入りませんか?」

というお問い合わせもいただきます。

カニの指この指がとれていると安くなります

が、当然ながら地元の宿や提携している都会の事業者さんで最も多く消費されるのがこのいわゆる”訳あり”ガニです。お土産屋さんの店頭に並ぶほどの量は獲れていません。通常香住のお土産屋さんは仲買人さんも兼ねていますので、買い付けていないわけではありませんが、ほとんどが提携している事業者さんやおなじみのお客様だけでなくなってしまうのです。

「いくらでも良いので活ガニを確保してくれ」

と、言える方にしかご用意できない、一見さんからのお申し込みはお断り、となっているのが現状です。

じゃあ、今の時期、良いカニを手に入れる方法はないのか。一見さんではない関係性を作ること。これに尽きるんじゃないかって思います。なじみのお土産屋さんを持つ。相談できる地元の宿屋さんを持つ。正直私も「活ガニを何とかして」と言われても、交流のあるお友達か、当館に何度かご宿泊いただいたことのあるリピーターさんしか対応できません。いざという時に欲しいものを入手するには益々関係性が重要な時代になってきているな、と実感しています。

実は私自身、今年に入ってから何件かのご相談もいただいていますが、上記のスタンスで考えております。よろしくお願いします。

*******************************************************

TODAY’S INFORMATION
「年末年始の日帰り昼食について」
12月26日から1月3日までの日帰り昼食は満室となりました!
申し訳ありませんがよろしくお願いします。

いい旅プランフル民宿かどやプラン一覧はこちら

*******************************************************

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします