いよいよ明日5月31日より当館のトイレ付客室は全室禁煙となります

明日、5月31日には世界禁煙デーです。


厚生労働省Webサイトより

期 間:平成30年5月31日(木)から平成30年6月6日(水)まで

禁煙週間のテーマ

「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」

(参考)WHO世界禁煙デーのテーマ: Tobacco Breaks Hearts -Choose health,not tobacco

兵庫県でも取り組みがあります。

兵庫県の禁煙シンボルマークもあるんですね!

更には香美町でも!!


世界禁煙デー香美町の取り組み

禁煙の中でも特に「受動喫煙」防止にテーマが置かれています。

おはようございます!民宿美味し宿かどやのガクです!!

さて、今回の世界禁煙デーに伴い、当館もトイレ付客室を全室禁煙とさせていただきます。

31日以降、お部屋の灰皿を全て撤去させて頂きます。

お部屋での喫煙はお断りさせて頂きます。

「受動喫煙」の問題はどんどん大きくなっている

禁煙か喫煙か。

そんなの宿が決めればよいこと。

これまでは私もそんな風に思っていました。

でも、厚生労働省Webサイトを見てもわかるように、「受動喫煙」の問題は日増しに大きくなってきています。

喫煙が健康に与える影響は大きい上、受動喫煙の危険性やニコチンの依存性を踏まえると、喫煙習慣は個人の嗜好にとどまらない健康問題であり、生活習慣病を予防する上で、たばこ対策は重要な課題になっている。

タバコの煙には、タバコを吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、火のついた先から立ち上る「副流煙」があります。

副流煙には、主流煙に比べてニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、一酸化炭素が4.7倍も含まれています。

「受動喫煙」とは、副流煙を自分の意思とは関係なく吸い込んでしまうことです。受動喫煙にさらされた人の方が様々な病気のリスクが高くなり、更には妊婦や赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。

吸っている人の健康の問題ではなく、タバコの煙を吸わされた人の健康被害の方が強く問題視される時代になりました。

つまり、宿としてこの問題を放置することは、

お客様の健康を考えていない事業者

と言われてしまう時代になってきているのです。

(参考)すぐ禁煙.jpより


喫煙者への配慮がクレームを招く時代に

もう時代の波に逆らえない感じです。

喫煙されたお客様の部屋には副流煙が残る。どんなに換気をしても、敏感な方は1日経ってもわかるようです。

喫煙されるお客様のマナーも良くなっている

最近、お客様に

「館内は禁煙ですか?」

とか

「タバコはどこで吸えますか?」

と聞かれることが多いです。


一応、喫煙できる場所は設けています

私たちが悩むことなく、喫煙者の皆様の方が公の場では吸ってはいけないという意識が浸透してきているようです。

「副流煙」「受動喫煙」という言葉は、地方よりも都市部の方が一般的になってきているようです。

現時点ではトイレ付客室のみ禁煙とさせていただいております。

朝食時も禁煙です。

夕食をされる場合の個室も含め、全館禁煙の方向へ持っていくかどうかは今後考えていきます。

まずはトイレ付客室は禁煙の旨、明日よりスタートしますので、ご協力よろしくお願いします。

******************************************************

民宿かどやプラン一覧はこちら


空室検索をクリック!

香住/佐津/柴山 民宿美味し宿かどや
Tel:0796-38-0113
↑↑↑
スマートフォンから電話番号を
タップすると直接発信可能です

※民宿かどやの電話番号となります。記事中に登場するお店、イベントの問い合わせ先ではありませんのでご注意下さい。

SNSフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします