「 但馬の食材(海) 」一覧

城崎温泉、香住方面にドライブに来た時にお魚、魚介類のランチでお勧めの店☆2018年度ver.

城崎温泉、香住方面にドライブに来た時にお魚、魚介類のランチでお勧めの店☆2018年度ver.

但馬海岸を中心にお勧めの海鮮系ランチのお店2018年バージョンをご紹介します!最近私が食べに行ったところのまとめ、と言っても良いかもしれません(笑)。魚やはらとくさん、旨いもんや笑ら、柴山みなと前食堂凪、海の幸本舗ますださんの4軒です。

記事を読む

具材の数もハンパない!海の幸本舗ますだ (ますだ商店)の海鮮丼はお勧め!

具材の数もハンパない!海の幸本舗ますだ (ますだ商店)の海鮮丼はお勧め!

お昼休み時間に外ご飯を食べに、海鮮料理のおいしい豊岡市竹野町の海の幸本舗ますだ (ますだ商店)さんへ行ってきました。私は海鮮丼を食べました。具材が多く、ご飯がなんと酢飯!!酢飯の海鮮丼って珍しいですよね。これがすっごく贅沢感が。お腹いっぱいお寿司を食べた感がありました。

記事を読む

とよおか産直まごころ市場の大根(ダイコン)のポーズがハンパない。

とよおか産直まごころ市場の大根(ダイコン)のポーズがハンパない。

とよおか産直まごころ市場さん。農家さんが直に出入りされるからでしょうね。面白い大根が展示されていました。優雅な感じで寝ている姿が良いですね!!しばらくは置いてあるようですので、買い物がてら?!見に行ってみてはいかがでしょうか。

記事を読む

黄金ガニって何色ですか?黄金色というよりもレスキューカラーです!!

黄金ガニって何色ですか?黄金色というよりもレスキューカラーです!!

松葉ガニと紅ズワイガニ(香住ガニ)のハイブリッドである黄金ガニ。”黄金”という名称ですが、3種のカニの色を比べてみるとどうでしょう。意見が分かれるかも知れません。私のイメージの中では松葉ガニ「茶色」、紅ズワイガニ「赤(紅)色」、黄金ガニ「レスキューオレンジ」です。

記事を読む

香住駅前にお勧めランチのお店☆「魚や(UOYA)はらとく」さん☆クレジットカード利用可

香住駅前にお勧めランチのお店☆「魚や(UOYA)はらとく」さん☆クレジットカード利用可

香住駅前に最近できたお土産屋さん。UOYA HARATOKUさんです!メインはお土産屋さんなのですが、ランチもできます。ここのランチがですね。リーズナブルでとても美味しい!!クレジットカードが使えるのも嬉しいです。

記事を読む

今が旬のホタルイカのパスタを食べました~豊岡市日高町のタベルナサクハタさん

今が旬のホタルイカのパスタを食べました~豊岡市日高町のタベルナサクハタさん

タベルナサクハタさんはご当地但馬の旬の食材を適時季節のお料理として使用して下さいます。4月はホタルイカのパスタ。元々、イカとパスタって相性良いですよね♪ホタルイカは小粒ながらも1つ1つにイカみそが入っています。これがペペロンチーノ系のパスタにとてもよく合うんです♪

記事を読む

香住で三七十鮨さんに行ったら「おまかせ握り」を頼むべし!!

香住で三七十鮨さんに行ったら「おまかせ握り」を頼むべし!!

三七十鮨に伺った際、高い確率で私が注文するのが「おまかせにぎり」です。平日ランチ時だと2100円。夜と土日は2300円(ともに税別)です。※2018年4月現在。今回は夜に行ったので2300円。おまかせにぎりは地物のネタを中心に8巻。うち1巻がノドグロの炙りになることも。

記事を読む

香住のイカの季節変遷☆ホタルイカ→マイカ→白イカ→赤イカ

香住のイカの季節変遷☆ホタルイカ→マイカ→白イカ→赤イカ

香住近辺ではスルメイカのことを”マイカ”と呼びます。ちなみにケンサキイカを”白イカ”、ソデイカのことを”赤イカ”と言います。名称が共通なのはホタルイカだけなのです。

記事を読む

「キス場のノド」の「キス」とはニギスのこと。キスの仲間ではありません。

「キス場のノド」の「キス」とはニギスのこと。キスの仲間ではありません。

キスに似ていますが、キスの仲間ではないニギスのたくさんいる漁場でお刺身にするような大きめののどぐろがよく獲れます。なので、脂の良く乗った大きめのノドグロのことを「キス(の漁)場(で獲れた)のノド(グロ」)と香住では呼んでいます。

記事を読む

どっちが美味しいとかって明言は避けますが、秋田と香住で獲れるハタハタは味が違います

どっちが美味しいとかって明言は避けますが、秋田と香住で獲れるハタハタは味が違います

ハタハタは、秋田県産と兵庫産で味が違います。これは種類の違いではなく、産卵場所と回遊ルートの違いです。秋田県産は秋田県で産卵している集団。兵庫県産は朝鮮半島で産卵した後回遊している集団。見た目は香住のハタハタよりも秋田のハタハタの方が少し黒っぽいです。

記事を読む